2 国語 枕草子 中間テスト・期末テスト予想問題

 

<問題>

 

1)現代仮名遣いに直しひらがなで答えなさい

やうやう 

山ぎは  

なほ 

をかし  

あはれ 

言ふ   

 

(2)「山ぎは」と対比で用いられている言葉を、文章中から3字で抜き出しなさい。

 

3)次の古文単語の現代語に直すとどういう意味になるか?

あけぼの 

やうやう

さらなり 

なほ 

をかし 

あはれなり 

まいて

いと 

つとめて

つきづきし 

わろし

 

4)「ほのかにうち光りて行く」の主語は?

 

5)「山の端いと近うなりたる」とはどんな夕日の光景を表していますか。

 

6)「はた言ふべきにあらず」を現代語に直しなさい。

 

7)「の」の使い方の問題

  「雲のほそくたなびきたる」の「の」と異なる意味でつかわれているのはどれか。

①月のころはさらなり

②蛍の多く飛びちがいたる

③夕日のさして

 

 (8)本文中に「あはれなり」とありますが、作者はどのようなことをあはれに感じているか。

 

9)「さらでも」とはそうでなくてもという意味ですが、この「そう」は何を指しているか。

 

10)「わろし」とありますが作者はなぜこう思ったのか。

 

11)枕草子の作者は?

 

12)枕草子は(   )年前後に作られた。時代は(  )時代中期である。

             文学のジャンルで言うと(     )である。

13)「ぬるくゆるびもていけば」とありますが、何がぬるくゆびもてゆくのか

 

 

 

 

 

 

<解答>

 

1)現代仮名遣いに直しひらがなで答えなさい

ようよう

やまぎわ 

なお 

おかし

あわれ

いう

 

(2)山の端

 

※山ぎは・・・山に接する空の部分。

 山の端・・・空に接する山の部分。

 

 

3)次の古文単語の現代語に直すとどういう意味になるか?

明け方

だんだん

言うまでもなく

やはり

趣がある

しみじみとした趣がある

まして

とても(たいそう)

早朝

似つかわしい

好ましくない

 

 

4)蛍

 

5)山に沈みそうな光景

  

6)また言いようもない

 

7)「の」の使い方の問題

  ①

 

  ①以外は主格の「の」で「が」に置き換えることができる。

 

8)烏が寝ねぐらへ急いで飛んでいく姿。

 

9)霜が真っ白

 

10)早朝の寒さが冬らしくて良いのに、そうでなくなったから。

 

11)清少納言

 

12)枕草子は(1000)年前後に作られた。時代は(平安)時代中期である。

     文学のジャンルでいうと( 随筆 )である。

13)寒さ

 





関連記事
スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None