2 国語 枕草子 本文 現代語訳 

 

※緑の文字が現代語訳

 

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、

春は明け方。だんだんと白んでいく山ぎわが、

 

すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

少し明るくなって紫がかった雲が細くたなびいている(のは風情がある)。

 

 

夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。

夏は夜。 月の頃は言うまでもないが、闇もやはり、蛍が多く飛びかっている(のがよい)。

 

また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

また、ほんの一、二匹ほのかに光って飛んでいくのも趣がある。  雨などが降るのもいい。

 

 

 秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、

秋は夕暮れ。夕日が差して山の端にとても近づいた頃に、烏がねぐらへ行くというので、

 

三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐさへあはれなり。

三、四羽、二、三羽など飛び急ぐことまでもしみじみとしたものを感じさせる。

 

まいて雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。

まして、雁などが列を作っているのが、たいそう小さく見えるのはたいへんおもしろい。

 

日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。

日がすっかり沈んでしまって、風の音、虫の音など(がするのも)、これもまた、言いようもない(ほど趣深い)。

 

 

 冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、

冬は早朝。雪が降っているのは、言うまでもない。 霜が真っ白なのも、

 

またさらでもいと寒きに、火などいそぎおこして、炭もて渡るもいとつきづきし。

またそうでなくても、たいそう寒いときに、火などを急いでおこして、炭を持って(廊下などを)通っていくのも、たいへん似つかわしい。

 

昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶(ひおけ)の火も白き灰がちになりてわろし。

昼になって、(寒さが)だんだん緩んでいくと、火桶の火が白い灰ばかりになって、好ましくない。

 

 

(第一段)

 

関連記事
スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None