中学3年 国語「春に」中間テスト・期末テスト 予想問題

 

教科書を見ながら答えてください。

 

<問題>

①「春に」の作者はだれですか?

 

②この詩の用語上・形式上の種類は何ですか?

 

③この詩で繰り返されている言葉はなんですか?

 

④③のように同じ言葉を繰り返す表現技法をなんというか?

 

5行目に「・・・こみあげる」とありますが何がこみあげるのですか?

 

7行目の「こころをつつく」とはどのようなことを表現しているか?

 

⑦「心のダム」の表現技法はなにか?

 

⑧「心のダム」とはどのようなものか?

 

⑨8~10行目では「よろこび、かなしみ」「いらだち、やすらぎ」「あこがれ、いかり」のように反対の感情を表す表現をしています。他に反対の感情を表している部分の初めと終わりの5字を抜き出しなさい。

 

⑩「ぼくはもどかしい」とありますが、どうしてもどかしいのですか?

 

⑪この詩の主題はなんですか?

 

  

 

<解答>

 

①谷川俊太郎

 

②口語自由詩

 

  口語・・・現代の言葉(現代文)、文語・・・昔の言葉(古文)  

 

定型詩・・・五,七,五…のように音数に規則性があるもの 

 

   自由詩・・・音数など制約がなく自由に書かれている詩

 

 ※このような詩の種類を聞く問題の答えは99% 口語自由詩 が答えになる!

 

③この気持ちはなんだろう

 

④反復法

 

⑤目に見えないエネルギーの流れ

 

⑥さまざまな感情が、胸に湧き上がっていること。

 

 ※8910行目が根拠

 

⑦暗喩

 

 ※直喩・・・(まるで)~ような、ようだを使った例え

 

  暗喩・・・ような、ようだを使わない例え

 

 (例)雪のような肌 ・・・雪のように白い、冷たいことを表現している 

            →「ような」があるので直喩

 

    雪の肌 →「ような」がないので隠喩

 

⑧感情のままに行動することを抑えようとする理性

 

⑨地平線のか ~ っていたい

 

⑩自分の中に相反する感情があるから。

 

⑪思春期にある少年の、将来への期待と不安に揺れる心の葛藤





関連記事
スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None