中学2 国語 『徒然草』仁和寺にある法師(1)学年末テスト予想

 

     問題

   解答

徒然草は、(   )時代の終わりに成立。

  

 鎌倉

徒然草の作者は?

 

 兼好法師

作品のジャンルは?

 

 随筆

自然や人間についての鋭い観察や思索の

中に、この時代の知識人特有の(   )が表れている。

 無常観

「つれづれなるままに」とは、どうい

 う意味か?

 

何もすることがなく退屈であるのに

  任せて。

 

なぜ石清水に参拝しようと考えたのか?

 

老年になるまで参拝したことがないこと

を残念に思ったので。

 

なぜみんな山に登って行ったのか?

 

石清水八幡宮にお参りするため。

仁和寺の法師の勘違いとは、どのようなことか?

極楽寺と高良神社を石清水八幡宮と思い込んで参拝し、山上にある石清水には行かないで帰ってしまったこと。

 

作者は仁和寺の法師の失敗をどう考えたか?

少しのことでもその道の先導者は必要だということ。

「ぞ・なむ・や・か・こそ」という助詞があると、文末(結び)の形が変わることを何というか?。

 

係り結び

 

 

 

 

関連記事
スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None