中間テスト 時事問題 予想問題→コチラ

<出題が予想されるテーマ>  
10月
★元徴用工の韓国人による損害賠償訴訟(10/31)
 韓国最高裁は30日、植民地時代に強制労働させられたとして元徴用工の韓国人4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、同社に賠償を命じる確定判決を出しました。元徴用工の請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みで、安倍晋三首相は「あり得ない判断」と反発し、国際裁判も含め、あらゆる選択肢を視野に入れて毅然(きぜん)と対応する」と述べ、国際司法裁判所(ICJ)への提訴も辞さない考えを示しました。

★環太平洋戦略的経済連携協定(TPP11)、12月30日に発効すると発表(10/31)
 茂木敏充(としみつ)経済再生担当相は31日、東京都内で記者会見し、アメリカを除く11カ国による環太平洋戦略的経済連携協定(TPP11)について、日本時間の12月30日午前0時に発効すると発表しました。域内の工業製品や農産品の関税は段階的に引き下げられ、投資や知的財産権保護など幅広い分野で高水準のルールを定めました。世界の国内総生産(GDP)の約13%を占め、総人口で約5億人を抱える巨大な自由貿易圏が誕生します。
 参加国で手続きを終えたのはオーストラリアのほか、メキシコ、日本、シンガポール、ニュージーランド、カナダの6カ国。ベトナムも11月半ばに手続きを終える見通しで、残るブルネイ、チリ、ペルー、マレーシアも手続きを進めます。

★日印首脳会談(10/31)
 安倍晋三首相は29日、インドのモディ首相と首相官邸で約1時間会談しました。
 安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」を推進するため、安全保障や経済の分野での連携強化を確認。外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の設置で一致しました。日印両政府は会談の成果を盛り込んだ共同声明を発表しました。

★安倍首相、中国を訪問(10/25)
 安倍晋三首相は25日、日本の首相としては約7年ぶりに中国を正式に訪問、約43時間、中国に滞在した。その間、日中平和友好条約締結40周年記念レセプションに出席李克強首相、栗戦書全人代委員長、習近平国家主席と会談を行いました。

★トランプ米大統領、核兵器の増強を行う意向(10/22)
 トランプ米大統領は22日、中国とロシアに圧力をかけるために米国には核兵器の増強を行う意向があると警告しました。
トランプ大統領は20日、1987年に米国と旧ソ連が調印した中距離核戦力(INF)廃棄条約について、ロシアが条約を順守していないと批判し、同条約から離脱する方針を表明。この日、ロシアは同条約に違反していると改めて批判しました。

★安倍首相、フランスのマクロン大統領と会談(10/18)
 ヨーロッパを歴訪中の安倍晋三首相は、フランスでマクロン大統領と会談し、中国の海洋進出を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、連携を強化することを確認しました。

★「千葉時代」を意味する「チバニアン」が、国の天然記念物に指定(10/15)
「千葉時代」を意味する「チバニアン」が、国の天然記念物に指定されました。千葉・市原市にある地層で、この地層には、およそ77万年前に地球の磁場のN極とS極が最後に逆転した痕跡が残っていて、学術的な価値が高く評価されていました。

★安倍首相、消費税を2019年10月から10%に引き上げることを表明(10/15) 
 安倍首相は、15日午後に開かれた臨時閣議で、消費税を2019年10月から10%に引き上げることを表明し、それにともなう景気対策を指示しました。
 「食料品」の食べ物や飲み物は8%のままですが、「酒」や「外食」は飲食店で食べる場合は10%に引き上げられます
 今回は、増税分を幼児教育無償化に充てるという公約もあり、引き上げを決断しました。

★豊洲市場、開場(10/11)
東京・築地市場に代わる「日本の台所」として、豊洲市場(江東区)が11日、開場しました。土壌汚染問題により予定から2年遅れのスタート。築地閉場から4日間の引っ越し期間を経て同日午前5時半からマグロの競りなどが始まりました。

★安倍晋三首相は、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問と会談(10/9)
 安倍晋三首相は、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問と会談し、ミャンマーの少数派イスラム教徒・ロヒンギャが難民化している問題に対し、日本として支援していく考えを重ねて示しました。
 ロヒンギャは、ミャンマーの治安部隊による迫害などの結果、去年8月以降、およそ70万人がバングラデシュに逃れ、難民化していて、国際社会のミャンマー政府への非難が強まっています。

★本庶佑特別教授、ノーベル医学生理学賞(10/1)
 今年のノーベル医学生理学賞が発表され、がん免疫療法の実用化に貢献した京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょ たすく)さんが選ばれました。(10/1)
 本庶佑特別教授は「PD-1」というタンパク質を見つけ、がんの治療薬、「オプジーボ」の開発につなげました。



関連記事
スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None