7月
カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法は、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数により可決、成立しました。(7/20)
 IR整備法はカジノを賭博罪の適用対象からはずし合法化するもので、当面、全国3カ所を上限に整備します。
 
参議院の定数を6増やす改正公職選挙法が成立(7/18)

★日本と欧州連合(EU)は17日、経済連携協定(EPA)への署名(7/17)
 日本と欧州連合(EU)は17日、経済連携協定(EPA)への署名を行いました。
 日欧間のEPAは昨年12月に交渉妥結し、2019年に発効する予定。
 EPAの発効で、世界最大の自由貿易圏が形成されることになるほか、トランプ米大統領が掲げる保護貿易主義に対抗する上でも重要となります。
 日EU間のEPAでは、欧州産チーズやワインの関税が撤廃されるほか、欧州からの牛肉輸出量が拡大します。一方、日本にとっては乗用車や自動車部品の輸入関税が撤廃される利点があります。

★サッカーワールドカップ、フランスが優勝(7/15)
 2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝が15日に行われ、フランス代表がクロアチア代表を破り20年ぶり2回目の優勝を飾りました。

★羽生結弦選手、国民栄誉賞が授与(7/2)
 2月の平昌五輪フィギュアスケート男子で2大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦(はにゅう・ゆづる)選手に2日、安倍晋三首相から国民栄誉賞が授与されました
 個人としての国民栄誉賞受賞は最年少で、フィギュア選手では初めてとなりました。




関連記事
スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None