2017年5月
★Bリーグ、初代王者に栃木 5/27
 男子バスケットボールのBリーグのプレーオフ決勝が行われ、栃木ブレックスが川崎ブレイブサンダースを破り、Bリーグ初代チャンピオンになりました。

★先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)閉幕 5/27
 イタリア・シチリア島タオルミナで開かれていた先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)は二十七日午後(日本時間同日夜)、首脳宣言を採択して閉幕しました。自由貿易に関連し、前回の伊勢志摩サミット首脳宣言などに盛り込まれていた「保護主義と闘う」との文言は残されました。気候変動を巡る対策では、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の促進をアメリカを除く六カ国と欧州連合(EU)で確認しました。 
※先進7か国・・・日本、アメリカ、ドイツ、カナダ。イギリス、フランス、、イタリア  ※ロシア、中国は含まれず
<7か国の首脳>
日本・・・安倍晋三首相
アメリカ・・・ ドナルド・トランプ大統領
ドイツ・・・ アンゲラ・メルケル首相
カナダ・・・ ジャスティン・トルドー首相
イギリス・・・ テリーザ・メイ首相
フランス・・・ エマニュエル・マクロン大統領
イタリア・・・ パオロ・ジェンティローニ首相

★改正民法が成立 5/26
 お金のやりとりを伴う契約のルールを定めた民法の規定(債権法)を抜本的に見直す改正法が26日、参院本会議で賛成多数で可決、成立しました。
 3年程度の周知期間を経て、施行される見通し。
 インターネット取引の拡大など人々の社会生活が大きく変化したことをうけ、新たなルールを設けるとともに、判例で処理されてきた部分も新たに法律の条文に書き込まれました。
消費者保護にも重点を置いた改正法となっています。お金の支払いを請求できる期間を5年に統一など改正点があります。

★介護保険、改正法が成立 5/26
 介護保険に関する負担増を盛り込んだ介護保険法などの改正法が26日の参院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数で可決され、成立しました。
 現役世代並みの所得がある人の利用料の自己負担割合が2割から3割に上がり、40~64歳の介護保険料は収入に応じて負担増になります。

★北朝鮮 弾道ミサイル1発発射・・・今年8回目 5/21
 韓国軍合同参謀本部は21日、北朝鮮が同日午後に中部の北倉付近から弾道ミサイル1発を発射したと明らかにしました。
大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではないかと推定されています。

★TPP「11カ国で早期発効目指す」で合意  5/21
 ベトナム・ハノイTPP(環太平洋経済連携協定)のアメリカ抜きの11カ国での発効について話し合われていた閣僚会合は、11カ国が早期の発効を目指すことを盛り込んだ共同声明を採択しました。
日本からは石原伸晃TPP担当大臣が閣僚会合に出席しました。

★「テロ等準備罪」“共謀罪”の法案 衆議院で可決 5/19
 組織犯罪を計画段階で処罰できる「テロ等準備罪」いわゆる「共謀罪」の法案が19日午後、衆議院の法務委員会で採決され、与党と日本維新の会の賛成多数で可決されました。
 「犯罪防止という目的がかえって監視社会になるのではないか」「人権が侵害されるのではないか」というおそれから野党や弁護士協会が反対していました。

★天皇陛下の退位を認める特例法案を閣議決定。 5/19
 天皇の退位を可能にする特例法案が19日朝、閣議決定されました。
退位後の天皇陛下と皇后さまの称号は「上皇」、「上皇后」となると定めています。新しい元号は、周知期間を考慮し、2018年夏ごろに公表する案を軸に検討を進めています。

★眞子様婚約報道 5/16
 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが国際基督教大学(ICU)時代の同級生で東京都内の法律事務所に勤務する小室圭(けい)さん(25)と婚約に向けた準備を進められていること明らかになりました。

北朝鮮が14日朝、弾道ミサイル1発を発射
 北朝鮮西部の亀城(クソン)付近から30分ほどにわたって約800キロ飛行し、日本海の日本の排他的経済水域の外に落下したと推定されています。ミサイルの高度が今回、初めて2000キロを超えたとみられることから、稲田朋美防衛大臣は新型の弾道ミサイルの可能性があると指摘しました。

★韓国の大統領に文在寅(ムン・ジェイン) 5/9
朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免(ひめん)に伴って行われた韓国大統領選は9日、投開票され、進歩(革新)系の最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)(64)が当選を確実にしました。

★マクロン候補がフランス史上最年少の大統領に 5/8
 フランス大統領選挙の決選投票は超党派のエマニュエル・マクロン候補が極右政党・国民戦線のマリーヌ・ルペン候補に勝利し、フランス史上最年少(39歳)の大統領が誕生することになりました。
 決選投票では、規制緩和と福祉国家の両立を唱える「右も左もない」姿勢のマクロン氏と、移民排斥などを標榜し、「フランス第一主義」を主張するルペン氏が激突欧州連合(EU)との関係をめぐってもマクロン氏が「連携強化」の必要性を訴える一方、ルペン氏は「EU離脱の是非を問う国民投票の実施」を公約に掲げるなど真っ向から対立しており、金融市場には「ルペン・ショック」への警戒が広がっていました。
 
★「宗像・沖ノ島」世界遺産登録、条件付きで勧告 5/5
 国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)世界文化遺産に日本が推薦している「『神宿る島』宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群」(福岡県)について、ユネスコの諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス)」が、沖ノ島以外の構成資産を除外して登録するようユネスコに勧告しました。 7月にポーランドのクラクフで開かれる世界遺産委員会で登録が決まる見通しです。
 沖ノ島は、玄界灘の孤島に4~9世紀、大陸との航海安全を祈る祭祀(さいし)が行われた痕跡がほぼ手つかずで残されていました。全島が宗像大社の「沖津宮(おきつみや)」の境内になっており、戦後の発掘調査で発見された銅鏡や金製指輪など約8万点が国宝指定され、「海の正倉院」と呼ばれています。

★海上自衛隊が初の米艦防護、防衛相が命令…北をけん制 5/1
 日米両政府は、昨年3月に施行された安全保障関連法に基づき、自衛隊の艦船が平時に米軍艦船を守る「米艦防護」を初めて実施する方針を固めました。
 1日に横須賀基地(神奈川県)を出港する海上自衛隊の護衛艦「いずも」が、房総半島沖周辺で米海軍太平洋艦隊所属の補給艦と合流し、周辺の警戒、監視にあたりながら、四国沖まで共同で航行します。
 米軍の要請を受け、稲田朋美防衛大臣が実施を命じました。
 自衛隊と米軍の連携を強化することで、弾道ミサイル発射など挑発行為を繰り返す北朝鮮をけん制する狙いがあります。

2017年4月の時事問題はコチラ







関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None