H29年度の静岡県公立高校入試まであと1週間です。

出願も終わりいよいよ入試です。

※静岡県内公立高校の志願状況はこちらをご参照ください。

 ↓
静岡県西部

静岡県中部

静岡県東部


入試までの1週間受験生は何をやったらいいか?

ボクも生徒さんによく質問されます。

生徒さんに次のようにアドバイスしています。


①今までやってきた問題集、模試などの見直し

②過去問を時間を計ってやってみる

③体調管理



①今までやってきた問題集、模試などの見直しは、弱点補強というよりも今まで覚えてきたことの確認です。

忘れかけていたあいまいな知識や、用語を覚えます。

また比較して覚える問題の復習もします。たとえば理科の示相化石と示準化石の区別、温暖前線と寒冷前線の特徴など・・・。

間違えた問題で、解説を見てわからなかったらパスします。(おそらく入試当日もできないので捨てます。)


②過去問は、時間を計ってやってみる。時間が50分なら、45分で終わらせるつもりで解いてください。

問題を読んで解けそうなら解く、解けなかったら後回しにしてください。あと問題を解く順番も決めておいてください。

(国語なら古文 → 論説文 → 文学的文章 → 作文など)

問題の見極めが大切です。


今の時期は塾でもう過去問は分野別に数年分終わらせている受験生もいるでしょう。

1回問題を解いて、答えを覚えてしまっているなら場合は解き直しはしなくてもいいです。

年度別で問題を見て、「この問題は解く、この問題はパスする」などシミュレーションしてください。


③体調管理

2月はインフルエンザが流行りましたが、最近はかぜや花粉症の生徒が増えています。

うがいやマスクをしましょう。

(静岡県のある小学校がお茶でうがいをするようなにったらインフルエンザで欠席する生徒が減ったと聞いたのでボクも実践しています。)

かぜをひかないように暖かい服装でいましょう。

体調を崩したまま受験することがないように体調管理をしっかりしてくださいね!

関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None