3国語故郷 中間・期末予想問題

 

   <問題>

  <解答>

二十年ぶりに故郷の村々を見た「私」 の胸に、こみ上げてきた思いを四字で書き抜きなさい。

 

寂寥の念

 

「私」が二十年ぶりに故郷に帰ってきた目的を、簡潔に書きなさい。

 

故郷に別れを告げるため。

 

「私」の遊び仲間と違い、いろいろなことを知っているルントウの心を、何と表現していますか?。五字で書き技きなさい。

 

神秘の宝庫

 

ルントウが海辺にいるとき、「私」や遊び友達はどうしていましたか?

 

高い塀に囲まれた中庭から四角な空を眺めているだけだった。

 

ヤンおばさんは、昔は何とよばれていましたか?

 

豆腐屋小町

 

ヤンおばさんは「私」に対してどんな態度をとっていましたか?

 

金持ちなのにけちだと見なして、軽蔑するような態度。

 

久しぶりに対面したルントウが「旦那様」と言うのを聞いて、「私」は二人の間を何が隔てていると思いましたか?

 

悲しむべき厚い壁

 

「私」はシュイションを見て、どんなことを感じましたか?

 

まさしく三十年前のルントウだと感じた。

 

ルントウは長い間の生活の苦しさからどんな人間になってしまいましたか?

 

でくのぼうみたいな人間。

 

ホンルが「私」に「僕たち、いつ帰ってくるの。」と聞いたのはなぜですか?

 

シュイションに家に遊びに来いと言われたから。

 

「私」は若い世代にどんな生活をもってほしいと願っていますか?

 

私たちの経験しなかった新しい生活。

 

「私」は、「希望」とは「地上の道のようなもの」だと言っていますが、それはなぜか?

 

歩く人が多くなって道になったように、希望を持つ人が多くなれば実現するものだから。

 




関連記事
スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None