◆時事問題 予想問題 (11月13日作成)はコチラ NEW!
◆時事問題 予想問題 (10月8日作成)はコチラ
◆時事問題 予想問題 (9月24日作成)はコチラ
◆実際の出題例はコチラ(2学期中間テスト)
◆実際の出題例(修学旅行に関連した問題)はコチラ
◆時事問題 フラッシュ暗記カード(11月13日作成)外交その他 はコチラ NEW!
◆時事問題 フラッシュ暗記カード(11月13日作成)衆議院選挙 はコチラ NEW!

※韓国、中国、フィリピン、イラン・イラク、ドイツなどは地図で位置を確認してください。

<出題が予想されるテーマ>  
2017年11月
★安倍首相、スー・チー氏と会談 (11/14)
 安倍晋三首相は14日、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問とマニラで会談しました。ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャの難民問題について、首相は「状況を深刻に懸念している」と表明して、「日本政府はミャンマー政府による状況改善の取り組みを最大限後押しする用意がある」と伝えました。
 スー・チー氏は「ミャンマー西部の(ロヒンギャが居住する)ラカイン州では、人道支援や、電力、道路などの支援は平和と安定に資する」と期待を示しました。 
 ※ミャンマー軍の組織的な迫害から逃れるため、ロヒンギャが隣国のバングラディシュに60万人以上難民として脱出しています。

★東アジアサミット(11/14)
 東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国と日中など8カ国による東アジアサミットが14日、フィリピンのマニラで開かれました。核・ミサイルによる挑発を続ける北朝鮮を非難する方向で協議しました。なお、アメリカのトランプ大統領は出席しませんでした。

★小池百合子代表(東京都知事)、希望の党の代表辞任を表明(11/14)
 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は14日夕、国会内で開いた両院議員総会で代表辞任を表明しました。新代表には玉木雄一郎共同代表が就きました。

★イランとイラクの国境付近地震発生(11/12)
 イランとイラクの国境付近で12日に起きた地震は、死者の数が450人を超えました。現地メディアは、イラクとの国境に近いイラン西部の町で起きたマグニチュード7.3の地震で、これまでに、イランとイラクで少なくとも456人が死亡し、7,500人以上がけがをしたと伝えています。

★安倍首相、ASEANに出席 (11/12)
 安倍総理は東南アジア諸国に加えアメリカや中国が参加する東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席するため滞在先のベトナムを発ち、次の訪問先のフィリピンに到着しました。
13日から開幕するASEAN関連首脳会議で、安倍総理は「自由で開かれたインド太平洋」の重要性を強調するほか、核ミサイル開発を続ける北朝鮮に政策転換を迫るための圧力強化の必要性を訴える見通しです。

★TPP11 大筋合意(11/11)
 ベトナム・ダナンで、米国を除く参加11カ国が大筋合意した環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)は、関税の削減・撤廃だけでなく、知的財産の保護や外資規制緩和などのルールが盛り込まれており、東南アジアなどに進出するメーカーやサービス企業にとっては追い風となります。 一方で農林水産業にとっては安い外国製品の輸入が増えるとして懸念も広がっています。

★アジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議、(11/10~11)
 日米中など21カ国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が10日、ベトナム中部ダナンで開幕。
アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議は11日、「不公正な貿易慣行」と「市場をゆがめる補助金」に対処していくことを盛り込んだ首脳宣言を採択し、閉幕しました。
加盟21カ国の首脳宣言の文言はトランプ米大統領の意向を反映し、昨年の宣言からは大きく変更された。
来年のAPECはパプアニューギニアで開かれます。

★希望の党、共同代表に玉木雄一郎氏が選ばれる(11/10)
 希望の党は10日、小池百合子代表(東京都知事)をサポートする国会議員の共同代表選を行い、小池氏に近い玉木雄一郎衆院議員(48)が選ばれました。

★米中首脳会談 (11/9)
 アメリカのトランプ大統領と中国の習近平国家主席の首脳会談で、北朝鮮が核開発を放棄するまで経済的圧力を加える必要性で一致しました。
しかし米国が「軍事力行使を選択肢に入れている」のに対し、中国は「対話を通じた解決」を重視しており、双方の思惑は相違がみられました。

★米韓首脳会談 11/7
 韓国を訪問中のアメリカのトランプ大統領は7日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談し、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮に対し、圧力を強化していくことで一致しました。
 トランプ大統領は、「北朝鮮が核・ミサイル開発をやめるよう、中国やロシアも含め、全ての関係国に求めていく」と述べたうえで、「全ての国は、北朝鮮との貿易を中断しなければならない」と、圧力強化を強調しました。
 この後、開かれた晩さん会には、いわゆる元慰安婦の女性が招待されたほか、韓国が実効支配している島根県の竹島周辺で取れた、「独島エビ」と称するエビを使った料理も提供されました。

★日米首脳会談 11/6
 安倍晋三首相は6日、東京・元赤坂の迎賓館でアメリカのトランプ大統領と会談し、核・ミサイル開発を続ける
北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めることで一致しました。
安倍首相は、北朝鮮に対する日本独自の制裁措置として、北朝鮮の35の団体と個人の資産凍結を、7日、政府として決定することを明らかにしました。
 両首脳は「自由で開かれたインド太平洋戦略」の実現に向け、日米が主導的な役割を果たす方針も確認しました。
 貿易問題では、トランプ大統領から、自らが意欲を示す、日米2国間のFTA(自由貿易協定)について、会談の中では触れませんでしたが、共同会見で貿易赤字の是正に意欲を示しました。

★ COP23がドイツ・ボンで開幕 11/6
 地球温暖化対策を話し合うCOP23がドイツ・ボンで開幕しました。
6日、ドイツ・ボンで始まったCOP23では、世界の気温上昇を産業革命前よりも2℃以内に抑えることなどを目指すパリ協定のルール作りが行われます。
 しかし、今年6月、トランプ大統領がパリ協定はアメリカにとって不公平だとして離脱を表明
アメリカは協定のルール上、2020年の11月まで離脱することはできず、条件次第では協定にとどまる意向も示しています。
 今回の会議では協定を実行に移せるかが注目されています。

★プロ野球日本シリーズで福岡ソフトバンクが横浜DeNAに勝利し日本一となりました(11/4)。

★第4次安倍内閣が、発足。(11/1)
 第4次安倍内閣が1日、発足しました。安倍晋三首相(自民党総裁)は8月の内閣改造で任命した、斎藤健農相を含む全閣僚を再任。環太平洋連携協定(TPP)や欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の早期発効を目指しつつ、農業の構造改革を加速させる方針
 同日召集の第195特別国会で、安倍首相が第98代首相に選出されました。安倍首相は組閣後の記者会見で「謙虚な姿勢で真摯な政権運営に当たっていく」と述べる一方、「改革、改革、そして改革あるのみだ。国民の強い信任を得て一層強力な経済政策を展開していく」と述べ、自身の経済政策「アベノミクス」を加速させる考えを表明しました。

2017年10月
★安倍晋三首相、フィリピンのドゥテルテ大統領と会談 (10/30)
 安倍晋三首相フィリピンのドゥテルテ大統領と会談し、中国の南シナ海への進出を念頭に、フィリピンの海上警備能力強化に向けた支援を表明しました。日本側は大型巡視船を供与するなど、フィリピンの海上警備能力を強化させることで、南シナ海の軍事拠点化を進める中国を牽制(けんせい)する狙いがあります。
 一方、経済面では今後5年間で地下鉄や防災設備など、総額1兆円規模のインフラ支援を実施することで合意し、共同声明を発表しました。
 また、会談では北朝鮮問題について、国連安保理の制裁決議を完全に実施することを確認しました。

★衆議院選挙、自民党が圧勝 (10/22)
 22日行われた衆議院選挙の獲得議席が23日午後、確定しました。
自民党が圧勝し、定数が10減る中、公示前の議席、284議席を維持。公明党29議席で、自民・公明の与党で、あわせて313議席に達し、憲法改正の国会発議に必要な3分の2を確保しました。
 立憲民主党は、選挙後の追加公認を含めて、55議席で、野党第1党となりました。希望の党は50議席、共産党は12議席、日本維新の会は11議席と、いずれも公示前から減らし、社民党は公示前と同じ2議席でした。日本のこころの議席は0で、無所属は22議席でした。

★中国共産党大会開幕 (10/18~24)
 18日、世界中が注目する中、5年に一度の第19回中国共産党大会が開幕しました。人民大会堂が拍手に包まれる中、習近平国家主席「大会のテーマは初心を忘れず使命を胸に刻み、中国の特色ある社会主義の偉大な旗印を高く掲げることだ。中華民族の偉大な復興という中国の夢を実現するため、たゆまぬ奮闘をすることだ」と語りました。
 共産党大会は中国における最高の意志決定機関で、約8900万人の党員から選ばれた約2300人の代表が参加、24日まで1週間にわたって行われます。

★日本版GPS(全地球測位システム)衛星「みちびき4号機」の打ち上げに成功。 (10/10)
 GPSの位置情報の誤差は、たった数cmになります。10日午前7時すぎ、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた、H2Aロケット36号機。そこに積まれていたのは、日本版GPS衛星「みちびき4号機」。日常で活用している位置情報の性能を、さらに高めることができます。

★ノーベル平和賞は「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)が受賞 (10/6)
※ ICAN=International Campaign to Abolish Nuclear Weapons の略。
 ノルウェーのノーベル賞委員会は10月6日、2017年ノーベル平和賞受賞者にICANを選定したと発表しました。
 ノーベル賞委員会は「核兵器廃絶国際キャンペーンは人類の惨禍を招きかねない核兵器の危険性を国際社会に知らせ、核兵器禁止条約の採択に寄与した」と選定の理由を伝えました。

★ ノーベル文学賞はカズオ・イシグロさんが受賞(10/5)
 今年のノーベル文学賞は長崎出身でイギリス国籍のカズオ・イシグロさん(62)に決まりました。 代表作は「日の名残り」「わたしを離さないで」。

★立憲民主党が設立届 (10/3)
 立憲民主党は3日、総務相に設立届を提出しました。代表には枝野幸男・元官房長官が就任。 結党メンバーには、希望の党への合流に反発する枝野氏、菅直人・元首相、長妻昭・元厚生労働相らが名を連ねました。

2017年9月
★衆議院解散 総選挙へ (9/28)
 衆議院は、28日午後に開いた臨時国会冒頭の本会議で解散されました。
 10月10日公示、22日投開票に向け事実上の選挙戦がスタートします。
 衆議院選挙戦で安倍総理大臣は、消費税の使い道の変更や、憲法改正の是非を争点に掲げるほか、北朝鮮への圧力路線や、アベノミクスへの信任も得たい考えです。
 衆議院選挙が行われるのは、与党が大勝した2014年12月以来で、定数は前回より10議席減り465議席と戦後最少となります。

東京都の小池百合子知事は25日、都庁で臨時の会見を開き、自ら国政新党「希望の党」を立ち上げて代表に就任すると発表しました。都知事のまま新党のトップとなります。(9/25)

★日米韓3か国の首脳会談(9/22)
 日本の安倍晋三首相とアメリカのトランプ大統領、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は日本時間22日未明、ニューヨークのホテルで約1時間会談しました。
 核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対し、圧力を強化するよう国際社会に働きかけることで一致。
 対話路線を重視する中国やロシアを含め、全ての国連加盟国が制裁決議を完全に履行するよう求めることも確認しました。

★アメリカのトランプ大統領が初めて演説 9/19
 北朝鮮問題が焦点となる国連総会で19日、アメリカのトランプ大統領が初めて演説し、「北朝鮮を完全に破壊する」との表現で強く警告した上で、拉致被害者にも言及した。

★プロ野球セリーグ広島東洋カープ優勝 (9/18)
 広島東洋カープが79、80年以来2度目の連覇で8度目のリーグ優勝を果たしましたた。

★IAEA事務局長、天野氏の3期目続投決定(9/18)
 国際原子力機関IAEA、本部はオーストリアの首都ウィーン)で18日に始まった年に1度の総会で、天野之弥(ゆきや)事務局長の再任が承認され、3期目続投が正式に決まりました。
 北朝鮮をめぐる情勢が深刻化するなか、12月から新たに4年間、かじ取りを担います。
 天野氏は元外交官。2009年の就任以来、イラン核開発や福島第一原子力発電所の事故などの問題に取り組んできました

★バングラデシュの首都ダッカで18日、約2万人がデモ(9/18)
 バングラデシュからの報道によると、隣国ミャンマー西部ラカイン州でのイスラム系少数民族ロヒンギャ「虐殺」に抗議して、バングラデシュの首都ダッカで18日、約2万人がデモを行いました。
 イスラム教が国教のバングラデシュには、ラカイン州で治安部隊とロヒンギャ武装組織の衝突が起きた8月25日以降、41万人以上のロヒンギャ難民が避難しています。
 ※ミャンマーの国家顧問兼外相であり、ノーベル平和賞を受賞したことのある人物はアウン・サン・スー・チー氏。

★プロ野球パリーグ 福岡ソフトバンク優勝 (9/18)
 福岡ソフトバンクがパリーグ最速で20度目(1リーグ時代の2度を含む)の優勝を果たしました。

★北朝鮮、弾道ミサイルを発射 (9/15)
 北朝鮮は15日朝、弾道ミサイルを発射しました。北海道上空を通過させ、北太平洋に落下させました。日本上空を通過する形での発射は6回目。米政府当局者は、アラスカや米国領グアムを射程内に入れる中距離弾道ミサイル「火星12」(最大射程5000キロ)との見方を示しました。
 弾道ミサイルの発射から3分後の午前7時ごろ、日本政府はJアラート(全国瞬時警報システム)を12道県に発令しました。自衛隊法に基づく破壊措置命令は実施しませんでした。

★安倍首相、インド訪問 (9/14)
 安倍晋三首相は14日午後、インド西部のガンディナガルでインドのモディ首相と約1時間会談し、6回目の核実験を強行した北朝鮮に対し、国連安全保障理事会で採択された追加制裁決議を完全に履行し、圧力を最大化するよう国際社会に呼びかけることで一致しました。
 海洋進出を進める中国を念頭に「航行の自由」の重要性も再確認しました。また、新幹線方式の高速鉄道の建設などに1900億円の円借款の供与に合意したことを明らかにしました。

★本能寺の変は「室町幕府再興が目的」 三重大教授が発表 (9/12)
 明智光秀が織田信長に対して本能寺の変を起こしたのは室町幕府の再興が目的だったとする研究結果を、三重大学の藤田達生教授が発表しました。
 藤田教授によると、手紙は明智光秀が「本能寺の変」を起した10日後に織田信長に抵抗していた和歌山県の武将に宛てたもので、室町幕府の将軍、足利義昭を再び京都に迎え入れるよう協力を求める趣旨の記述があったということです。

★国連安保理、北朝鮮への新たな制裁決議案を全会一致で採択 (9/12)
 北朝鮮の6回目の核実験を受け、国連安全保障理事会(15カ国)は日本時間12日、北朝鮮への石油輸出に上限を設けるなどとする新たな制裁決議案を全会一致で採択しました。(厳しい制裁に慎重だった中国とロシアも賛成しました。)
 米政府によると、北朝鮮への石油関連輸出は3割削減される見通し

★陸上男子100メートル 桐生祥秀選手が9秒98で日本記録更新
 陸上・日本学生対校選手権(福井県営陸上競技場)男子100メートル決勝で桐生祥秀(21)選手=東洋大=が日本人で初めて10秒の壁を突破する9秒98で優勝を果たしました。

★北朝鮮、6回目となる核実験を強行(9/3)

★眞子さま・小室圭さん婚約 内定発表、来秋にも挙式 (9/3)

★民進党、新代表は前原氏(9/1)
 民進党代表選は1日、投開票され、前原誠司氏(55)が新代表に選ばれました。
2017年8月の時事問題はコチラ






関連記事
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None