中学 論語 中間テスト・期末テスト予想問題(2

定期テスト対策 光村図書

 

<問題> 

1子曰はく、「(ふる)きを温めて新しきを知ればって師たるべし。」と

 

①「故きを温めて」とはどうすることですか。

 

② この漢詩から生まれた故事成語を漢字四字で答えなさい。

③ 次の訓読文を書き下し文に直しなさい。

 mottemon.jpg 

     

2次の書き下し文を参考に返り点と送り仮名を付けなさい。また置き字を一字抜き出しなさい。

 

 

manabitemon.jpg

3)子曰はく、「学びて思はざれば(すなは)(くら)し。思ひて学ばざれば則ち(あやふ)し。」


①「罔し」の意味は?

 
②「殆し」の意味は?


この文では「子」のどんな教えが語られていますか。

 


4)子曰はく、「これを知る者は、これを好む者に如()かず。

これを好む者は、これを楽しむ者に如()かず。」と。

 

知る者、好む者、楽しむ者の中で、最も秀でているのは誰か。

 

この文と関わりのあることわざはなにか。

 

 

 

 

<解答> 

1

① 古い事柄や学説など重ねて研究すること

 

② 温故知新




mottekai.jpg


 2

 manabitekai.jpg

置き字・・・而


3


①「罔し」・・・物事の道理を明確につかむことができない


②「殆し」・・・独断に陥って危険である


学問には、「学ぶこと」と「考えること」の両方が重要で、一方に偏ってはならないこと。

 

4

楽しむ者


好きこそものの上手なれ

 





関連記事
スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None