FC2ブログ

カテゴリ:中2 国語

中2 国語のカテゴリ記事一覧。静岡県公立高校入試対策 定期テスト対策
No Image

2016-05-18 中2 国語
中2 国語 枕草子 中間テスト・期末テスト予想問題 <問題> (1)現代仮名遣いに直しひらがなで答えなさい① やうやう ② 山ぎは  ③ なほ ④ をかし  ⑤ あはれ ⑥ 言ふ    (2)「山ぎは」と対比で用いられている言葉を、文章中から3字で抜き出しなさい。 (3)次の古文単語の現代語に直すとどういう意味になるか?① あけぼの ② やうやう ③ さらなり ④ なほ ⑤ をかし ⑥ あはれなり ⑦ まいて ⑧ いと ...

記事を読む

No Image

2016-05-18 中2 国語
中2 国語 枕草子 本文 現代語訳  ※緑の文字が現代語訳 春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、春は明け方。だんだんと白んでいく山ぎわが、 すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。少し明るくなって紫がかった雲が細くたなびいている(のは風情がある)。  夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。夏は夜。 月の頃は言うまでもないが、闇もやはり、蛍が多...

記事を読む

No Image

2016-05-18 中2 国語
中学2年 国語 アイスプラネット漢字 予想問題 中間テスト・期末テスト定期テスト対策 光村図書  <問題>次の下線部の読みをひらがなで答えなさい。 ① 怒る。 ② 郊外に住む。 ③ 父は海外に赴任した。 ④ 唯一 ⑤ 何周も走るのは嫌だ。 ⑥ 雲行きが怪しい。 ⑦ コタツの脚が折れた ⑧ ボールの扱い方がうまい ⑨ 勘違いする。 ⑩ 逃げる ⑪ 電車の写真を撮る。 ⑫ ほら...

記事を読む

No Image

2016-05-18 中2 国語
中学2年 国語 アイスプラネット 予想問題(3)中間テスト・期末テスト定期テスト対策 光村図書  <問題>  「残暑が厳しい日だった」で始まる段落~①「 久しぶりにぐうちゃんのほら話を聞きたいと思った。」とありますが、僕ははぐうちゃんの話をどう思っていますか。  ②ぼくはぶっきらぼうに言っていた。「勝手にいけばいいじゃないか」とありますが、このとき「僕」はぐうちゃんにどうしてほしかったのか...

記事を読む

No Image

2016-05-18 中2 国語
中学2年 国語 アイスプラネット 予想問題 (2) 中間テスト・期末テスト定期テスト対策 光村図書(P19~)  <問題> 「でっかい動物の話だった」で始まる段落~① 世界で一番長い蛇とは何ですか。五字で抜き出しなさい。  ②「僕はぐうちゃんのそんな表情が好きだ」とありますが、どんな表情ですか。  ③アナコンダは水の入るようになったのはなぜか。   ④「生きている馬だって...

記事を読む

No Image

2016-05-18 中2 国語
中学2年 国語 アイスプラネット 光村図書 中間テスト・期末テスト予想問題  <問題> ① 「ぐうちゃん」の本名は何ですか。    ②「ぐうちゃん」と呼ばれるようになった理由は? ③「僕の母親」のぐうちゃんに対する態度はどのようなものか? ④「僕」の父親は、「ぐうちゃん」がいそうろうしていることをどう思っていますか。 ⑤「僕」はぐうちゃんをどんな人だと思っているか。 ⑥「ぐうちゃ...

記事を読む

No Image

2016-05-18 中2 国語
中学2年 国語 見えないだけ 光村図書 中間テスト・期末テスト予想問題 <問題> ※(   )は適当な言葉を入れて答えなさい。① この詩を大きく二つに分けると、後半はどこから始まりますか。初めの三字を抜き出しなさい。② 最初の四行には、どんな表現の特徴がありますか。「リズム」という言葉を使って説明しなきい。③ 第一連2行目の「もっと」には作者の、(     )という気持ちが込められている。④ 「はぐくんでいる」...

記事を読む

No Image

2016-02-22 中2 国語
中学2年 国語 『徒然草』仁和寺にある法師 (2)学年末テスト予想  問題   解答拝まざりければ (現代語訳)  拝まなかったので 「年ごろ思いつること」はどんなこと?  石清水に参拝したいということ。 心うく覚えて (主語は?)  仁和寺にある法師 登りし (主語は?)  参りたる人何事かありけん (現代語訳) 何事かあったのだろうか ゆかしかりしかど (現代語訳)  知りたか...

記事を読む

No Image

2016-02-22 中2 国語
中学2年 国語 『徒然草』仁和寺にある法師(1)学年末テスト予想      問題   解答徒然草は、(   )時代の終わりに成立。   鎌倉徒然草の作者は?  兼好法師作品のジャンルは?  随筆自然や人間についての鋭い観察や思索の中に、この時代の知識人特有の(   )が表れている。 無常観「つれづれなるままに」とは、どうい う意味か? 何もすることがなく退屈であるのに  任せて。 ...

記事を読む

No Image

2016-02-19 中2 国語
中学2年 国語「漢詩の風景」学年末テスト予想問題  黄鶴楼にて孟浩然の之くを送る 李白 故人西ノカタ辞二シ黄鶴楼一ヲ 煙花三月下二ル揚州一ニ 孤帆ノ遠影碧空ニ尽キ 惟ダ見ル長江ノ天際ニ流ルルヲ  <書き下し文>※(  )は現代語訳  故人西のかた黄鶴楼を辞し (親友は西にある黄鶴楼に別れを告げて) 煙花三月揚州に下る(花がすみの立つ三月に揚州へ下ってゆく。...

記事を読む

中2 国語 枕草子 中間テスト・期末テスト予想問題

2 国語 枕草子 中間テスト・期末テスト予想問題

 

<問題>

 

1)現代仮名遣いに直しひらがなで答えなさい

やうやう 

山ぎは  

なほ 

をかし  

あはれ 

言ふ   

 

(2)「山ぎは」と対比で用いられている言葉を、文章中から3字で抜き出しなさい。

 

3)次の古文単語の現代語に直すとどういう意味になるか?

あけぼの 

やうやう

さらなり 

なほ 

をかし 

あはれなり 

まいて

いと 

つとめて

つきづきし 

わろし

 

4)「ほのかにうち光りて行く」の主語は?

 

5)「山の端いと近うなりたる」とはどんな夕日の光景を表していますか。

 

6)「はた言ふべきにあらず」を現代語に直しなさい。

 

7)「の」の使い方の問題

  「雲のほそくたなびきたる」の「の」と異なる意味でつかわれているのはどれか。

①月のころはさらなり

②蛍の多く飛びちがいたる

③夕日のさして

 

 (8)本文中に「あはれなり」とありますが、作者はどのようなことをあはれに感じているか。

 

9)「さらでも」とはそうでなくてもという意味ですが、この「そう」は何を指しているか。

 

10)「わろし」とありますが作者はなぜこう思ったのか。

 

11)枕草子の作者は?

 

12)枕草子は(   )年前後に作られた。時代は(  )時代中期である。

             文学のジャンルで言うと(     )である。

13)「ぬるくゆるびもていけば」とありますが、何がぬるくゆびもてゆくのか

 

 

 

 

 

 

<解答>

 

1)現代仮名遣いに直しひらがなで答えなさい

ようよう

やまぎわ 

なお 

おかし

あわれ

いう

 

(2)山の端

 

※山ぎは・・・山に接する空の部分。

 山の端・・・空に接する山の部分。

 

 

3)次の古文単語の現代語に直すとどういう意味になるか?

明け方

だんだん

言うまでもなく

やはり

趣がある

しみじみとした趣がある

まして

とても(たいそう)

早朝

似つかわしい

好ましくない

 

 

4)蛍

 

5)山に沈みそうな光景

  

6)また言いようもない

 

7)「の」の使い方の問題

  ①

 

  ①以外は主格の「の」で「が」に置き換えることができる。

 

8)烏が寝ねぐらへ急いで飛んでいく姿。

 

9)霜が真っ白

 

10)早朝の寒さが冬らしくて良いのに、そうでなくなったから。

 

11)清少納言

 

12)枕草子は(1000)年前後に作られた。時代は(平安)時代中期である。

     文学のジャンルでいうと( 随筆 )である。

13)寒さ

 





スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None

中2 国語 枕草子 本文 現代語訳 

2 国語 枕草子 本文 現代語訳 

 

※緑の文字が現代語訳

 

春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、

春は明け方。だんだんと白んでいく山ぎわが、

 

すこしあかりて、紫だちたる雲のほそくたなびきたる。

少し明るくなって紫がかった雲が細くたなびいている(のは風情がある)。

 

 

夏は夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。

夏は夜。 月の頃は言うまでもないが、闇もやはり、蛍が多く飛びかっている(のがよい)。

 

また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。

また、ほんの一、二匹ほのかに光って飛んでいくのも趣がある。  雨などが降るのもいい。

 

 

 秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、

秋は夕暮れ。夕日が差して山の端にとても近づいた頃に、烏がねぐらへ行くというので、

 

三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐさへあはれなり。

三、四羽、二、三羽など飛び急ぐことまでもしみじみとしたものを感じさせる。

 

まいて雁などのつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。

まして、雁などが列を作っているのが、たいそう小さく見えるのはたいへんおもしろい。

 

日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。

日がすっかり沈んでしまって、風の音、虫の音など(がするのも)、これもまた、言いようもない(ほど趣深い)。

 

 

 冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、

冬は早朝。雪が降っているのは、言うまでもない。 霜が真っ白なのも、

 

またさらでもいと寒きに、火などいそぎおこして、炭もて渡るもいとつきづきし。

またそうでなくても、たいそう寒いときに、火などを急いでおこして、炭を持って(廊下などを)通っていくのも、たいへん似つかわしい。

 

昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶(ひおけ)の火も白き灰がちになりてわろし。

昼になって、(寒さが)だんだん緩んでいくと、火桶の火が白い灰ばかりになって、好ましくない。

 

 

(第一段)

 

 カテゴリ
 タグ
None

中学2年 国語 アイスプラネット漢字 予想問題 

中学2 国語 アイスプラネット漢字 予想問題 

中間テスト・期末テスト定期テスト対策 光村図書 

 

<問題>次の下線部の読みをひらがなで答えなさい。

 

る。

 

郊外に住む。

 

父は海外に赴任した。

 

唯一

 

何周も走るのはだ。

 

雲行きがしい。

 

コタツのが折れた

 

ボールのい方がうまい

 

勘違いする。

 

げる

 

電車の写真をる。

 

ほら

 

東京都知事が雄弁をふるう

 

突然の雨

 

サイフを忘れててた

 

大股で歩く

 

封筒に切手をはる

 

壁にポスターを

 

物がまる

 

雌雄を見分ける

 

入り口を封鎖する

 

弾劾裁判

 

戦争が勃発する

 

空気は窒素を多く含む

 

窯元で焼く

 

逸話の多い人物。

 

役者の逝去を悲しむ

 

休みを満喫する。

 

不良たちを一喝する

 

注意を喚起する。

 

部活を仮病で休む

 

神社の境内

 

 

 

 

 

<解答>

 

おこ ② こうがい ③ ふにん ④ ゆいいつ ⑤ いや ⑥ あや

 

あし ⑧ あつか ⑨ かんちが ⑩ に ⑪ と ⑫ ゆうべん

 

とつぜん ⑮ あわ ⑯ おおまた ⑰ ふうとう ⑱ は ⑲

 

しゆう ㉑ ふうさ ㉒ だんがい ㉓ ぼっぱつ ㉔ ちっそ ㉕ かまもと

 

いつわ ㉗ せいきょ ㉘ まんきつ  ㉙ いっかつ ㉚ かんき 

 

けびょう ㉜ けいだい

 

 カテゴリ
 タグ
None

中2 国語 アイスプラネット 中間テスト・期末テスト予想問題(2)

中学2 国語 アイスプラネット 予想問題(3

中間テスト・期末テスト定期テスト対策 光村図書 

 

<問題>

 

 「残暑が厳しい日だった」で始まる段落~

①「 久しぶりにぐうちゃんのほら話を聞きたいと思った。」とありますが、僕ははぐうちゃんの話をどう思っていますか。

  

②ぼくはぶっきらぼうに言っていた。「勝手にいけばいいじゃないか」とありますが、このとき「僕」はぐうちゃんにどうしてほしかったのか。

  

③十月の初めに、ぐうちゃんは・・・「いそうろう」を卒業、とありますが、「いそうろう」を卒業とはどういうことですか。

 


 

「ぐううちゃんが外国からちょっとしゃれた封筒で・・・」で始まる段落~

「そのとき、アイスプラネットを見に行こう、」とありますが、「そのとき」とはどんなときですか。

 

またどんな状態のアイスプラネットを見たのですか。(  )内に六字以内で本文から抜き出しなさい。

 

(    ) に(    )状態

 

⑤アイスプラネットにはどんな言い伝えがあるか。九字で抜き出しなさい。

  

「不思議アタマ」とはどのようなことを表した言葉か。

 

⑦ぐうちゃんの手紙から読み取れることわざは次のうちどれか。

猫に小判

かっぱの川流れ

百聞は一見にしかず

一石二鳥

 

 

 

<解答>

 

信じていない。

 

本当はぐうちゃんにずっと家にいてほしかった。

 

僕の家を出て行ったこと。

 

(北極海)に(浮かんでいた)状態

 

見た者を幸せにする

 

好奇心

 

⑦ぐうちゃんの手紙から読み取れることわざは次のうちどれか。

百聞は一見にしかず

 

 

 

 カテゴリ
 タグ
None

中2 国語 アイスプラネット 中間テスト・期末テスト予想問題(2)

中学2 国語 アイスプラネット 予想問題 (2) 

中間テスト・期末テスト定期テスト対策 光村図書(P19~) 

 

<問題>

 

「でっかい動物の話だった」で始まる段落~

世界で一番長い蛇とは何ですか。五字で抜き出しなさい。

 

 

②「僕はぐうちゃんのそんな表情が好きだ」とありますが、どんな表情ですか。

 

 

③アナコンダは水の入るようになったのはなぜか。

 

 

 ④「生きている馬だって飲み込んじゃうんだぞ」とありますが、どのように飲み込むのですか。


 

「本当かなあ」で始まる段落~

⑤「ほら話の世界に取り込まれてしまいそうになる」とありますが、それはなぜですか。

 

 

⑥「さすがに頭にきた。」とありますが、それはなぜですか。

 

 

 

<解答>

 

「でっかい動物の話だった」で始まる段落~

アナコンダ

 

細い目をいっぱい見開いている表情

 

アナコンダは長く太くなりすぎて、蛇行するには地球の重力が負担になったから。

 

  馬をひっくり返した後、馬の脚の骨を折って、飲み込みやすいように全体を丸くしていく。

 

ぐうちゃんが、力の籠った話し方をしているから。

 

⑥「三メートルのナマズ」なんて、小学生しか信じないような、ありえない話をされたから。

 カテゴリ
 タグ
None

中2 国語 アイスプラネット 中間テスト・期末テスト予想問題

中学2 国語 アイスプラネット 光村図書 中間テスト・期末テスト予想問題

 

 

<問題>

 

① 「ぐうちゃん」の本名は何ですか。

    

②「ぐうちゃん」と呼ばれるようになった理由は?

 

③「僕の母親」のぐうちゃんに対する態度はどのようなものか?

 

④「僕」の父親は、「ぐうちゃん」がいそうろうしていることをどう思っていますか。

 

⑤「僕」はぐうちゃんをどんな人だと思っているか。

 

⑥「ぐうちゃん」は家にいるとき、主に何をしていますか。二つ簡潔に答えなさい。

 

⑦「そんなときは、全国を回って測量の仕事をしているという。」とありますが、「そんなとき」とはどんなときですか。

 

⑧「いかにもプロの人の道具みたい」とありますが、何の道具のことを指していますか。

 

⑨「ぐうちゃんみたいな大人」とはどんな大人のことですか。

 

⑩ 「僕はぐうちゃんが大好きだ。」とありますが、それはなぜですか。

 

 

 

 

 

<解答>

 

津田由起夫

 

長いこと「ぐうたら」しているから

 

情けない弟をいつも怒っているが、憎んでるわけではない。

 

④ 自分が家にいない間、自分の代わりに力仕事ができるから、ぐうちゃんが家にいることを歓迎している。

 

変わった人

 

本を読んでいる。  カメラの掃除、点検をしている。

 

留守にするとき

 

測量(の道具)

 

きちんと就職しないで、ぐうたらしている大人。

 

ぐうちゃんの話は文句なしにおもしろいから。

 

 ※「僕はぐうちゃんが大好きだ。」の直後の「~のだ」は理由を表している。

 

 カテゴリ
 タグ
None

中2 国語 見えないだけ 中間テスト・期末テスト予想問題

中学2年 国語 見えないだけ 光村図書 中間テスト・期末テスト予想問題

<問題> ※(   )は適当な言葉を入れて答えなさい。

① この詩を大きく二つに分けると、後半はどこから始まりますか。初めの三字を抜き出しなさい。

② 最初の四行には、どんな表現の特徴がありますか。「リズム」という言葉を使って説明しなきい。

③ 第一連2行目の「もっと」には作者の、(     )という気持ちが込められている。

④ 「はぐくんでいる」とは、どんな意味ですか。

⑤ 第一連8行目に「蕾」とありますが、作者はこの言葉を使ったの理由は?

⑥ 第一連10行目の「待ちかねている」とは、どんな意味ですか。

⑦ 第二連1行目の「あんなに確かに在るもの」とは具体的に何ですか。詩の中から七字以内で五つ抜き出しなさい。

⑧ 「ここからは見えないだけ」には、作者のどんな思いが込められていますか。




<解答>

① あんな

② 同じようなリズムが繰り返されている。

③ 第一連2行目の「もっと」には作者の、(今よりもよい)という気持ちが込められている。

④ 大切に守り、育てている

⑤ 蕾には、花が開くという可能性を感じさせる意味があるから。

⑥ 今か今かと待っている

⑦ もっと青い空 もっと大きな海 優しい世界 美しい季節 新しい友達

⑧ まだ見えないものの存在を信じて、希望をもって前へ進めという思い。




 カテゴリ
 タグ
None

中2 国語 『徒然草』仁和寺にある法師 (2)学年末テスト予想

中学2 国語 『徒然草』仁和寺にある法師 (2)学年末テスト予想

 

 問題

   解答

拝まざりければ (現代語訳)

 

 拝まなかったので

 「年ごろ思いつること」はどんなこと?

 

 石清水に参拝したいということ。

 心うく覚えて (主語は?)

 

 仁和寺にある法師

 登りし (主語は?)

 

 参りたる人

何事かありけん (現代語訳)

 何事かあったのだろうか

 ゆかしかりしかど (現代語訳)

 

 知りたかったけれど

 本意なれ (現代語訳)

 

 本来の目的だ

 「山までは見ず」 その理由が書かれている部分を抜き出しなさい。

 

 神へ参るこそ本位と思ひ(て)

 先達はあらまほしきことなり (現代語訳)

 

 その道の先導者はあってほしいものである

 尊くこそおはしけれ 

 (係り結びの助詞は?)

(結びの部分は?)

 

こそ

けれ

 

 

 

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

中2 国語 『徒然草』仁和寺にある法師(1)

中学2 国語 『徒然草』仁和寺にある法師(1)学年末テスト予想

 

     問題

   解答

徒然草は、(   )時代の終わりに成立。

  

 鎌倉

徒然草の作者は?

 

 兼好法師

作品のジャンルは?

 

 随筆

自然や人間についての鋭い観察や思索の

中に、この時代の知識人特有の(   )が表れている。

 無常観

「つれづれなるままに」とは、どうい

 う意味か?

 

何もすることがなく退屈であるのに

  任せて。

 

なぜ石清水に参拝しようと考えたのか?

 

老年になるまで参拝したことがないこと

を残念に思ったので。

 

なぜみんな山に登って行ったのか?

 

石清水八幡宮にお参りするため。

仁和寺の法師の勘違いとは、どのようなことか?

極楽寺と高良神社を石清水八幡宮と思い込んで参拝し、山上にある石清水には行かないで帰ってしまったこと。

 

作者は仁和寺の法師の失敗をどう考えたか?

少しのことでもその道の先導者は必要だということ。

「ぞ・なむ・や・か・こそ」という助詞があると、文末(結び)の形が変わることを何というか?。

 

係り結び

 

 

 

 

 カテゴリ
 タグ
None

黄鶴楼にて孟浩然の之くを送る 「漢詩の風景」

中学2年 国語「漢詩の風景」学年末テスト予想問題 

 

黄鶴楼にて孟浩然の之くを送る 李白

 

故人西ノカタ黄鶴楼

 

煙花三月下揚州

 

孤帆遠影碧空

 

惟ダ見長江天際ルルヲ

 

 

<書き下し文>※(  )は現代語訳

 

 故人西のかた黄鶴楼を辞し

 (親友は西にある黄鶴楼に別れを告げて)

 

煙花三月揚州に下る

(花がすみの立つ三月に揚州へ下ってゆく。)

 

孤帆の遠影碧空に尽き

(孟浩然の乗る舟の帆がゆるゆると遠ざかり、やがて、青空のかなたに消える。) 

 

惟だ見る長江の天際に流るるを

(あとはただ、天の果てまで続く長江の水の流れるばかり。)

 

 

<問 題>

   <解 答>

この漢詩の形式は?

 

 七言絶句

  故人の意味は?

 

 古くからの親友

  故人とは誰を指しているか?

 

 孟浩然

  煙花三月下揚州

 (書き下し文を書きなさい)

 煙花三月揚州に下る

  「孤帆の遠影」は何を象徴

している情景か?

 

 遠ざかってゆく孟浩然の孤独な姿

  第四句

  「惟だ見る長江の天際に流るるを」

  で使われている表現技法は?

 倒置法

  この漢詩の主題は?

 別離の悲しみ

 

 

 

 


 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 高校受験 点取り塾 Web講座~15の春にサクラサク~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます