FC2ブログ

カテゴリ:学調テスト

学調テストのカテゴリ記事一覧。静岡県公立高校入試対策 定期テスト対策
No Image

2019-11-22 学調テスト
静岡県の中3生の学調テスト(学力診断調査)まで1週間です。内申点と学調の点数で受験校がある程度決められます。定期テストは中学によって問題が違うので違う中学の生徒との成績の比較がしにくいのですが、学調テストは静岡県で共通の問題なので比較しやすくなります。出題傾向は例年あまり変わらないのですが、過去問はやっておいたほうがいいです。個別指導塾に通っている生徒さんは塾で対策をしてもらったり、過去問をもらって...

記事を読む

No Image

2019-09-03 学調テスト
静岡県の公立中学の3年生のみなさん、今日は第1回学調テストお疲れさまでした。   今までの学習の成果は発揮できましたか?学調は基本問題が多いとはいえ、範囲が広く短期間ではなかなか対策が取りにくいテストです。   普段の定期テストよりも20点~30点位は低い生徒も多いと思います。   テストの解答用紙が返却されたら間違えた問題は、なぜ間違えたのか、どの知識が必要だったのかを考えながら解き...

記事を読む

No Image

2019-09-02 学調テスト
明日は静岡県の公立中学で3年生は学調テストがあります。   夏休みの間は学調に向けて総復習や対策をしてきたここと思います。明日は今まで学習してきた成果を発揮してきてください。   数学はわからなくなったら問題文をもう一度読み直すとヒントがわかるかもしれません。   英語の自由英作文は対話文、長文で出てきた単語を参考にすれば答えられるかもしれません。   テストは時間との戦いでも...

記事を読む

No Image

2018-11-30 学調テスト
今日は静岡県の公立中学では、第2回 学調テスト(静岡県中学校学力診断調査)がありました。受験校を決める上で大切なテストなので緊張した状態で1日を過ごしたことと思います。。学調を受けた中3生のみなさん本当にお疲れさまでした。11月は期末テストもあって、学調の勉強のバランスが難しかったと思います。学調テストより期末を優先した人も多いと思います。来週、採点され答案用紙が返却され、その後、三者面談で内申点と学調...

記事を読む

No Image

2018-09-07 学調テスト
学調テストお疲れさまでした。今日は静岡県公立中学で第1回学調テスト(学力診断調査)がありました。テストを受けた中3生のみなさんお疲れさまでした。学調は点数で受験校がある程度振り分けられる大切なテストです。「最初の入試」のつもりで臨んでほしいと生徒さんたちにも今まで言ってきました。夏休みに、今までの総復習や学調テストの過去問演習をしてきたけど復習もやりきれないまま今日のテストを受けた人も多いと思います...

記事を読む

No Image

2018-09-06 学調テスト
いよいよ明日は学調テスト静岡県の公立中学で明日、中3生は第1回学調テストがあります。テストの点数によって受験校がある程度振り分けられます。夏休みに学調テストに向けて今までの総復習をしてきたことと思います。「最初の入試」の気持ちでテストを受けましょう!今までの勉強の成果を発揮できるようにがんばってください。健闘を祈ります!PS しばらく夏期講習の準備、学調テストの過去問の授業の予習で8月は忙しくてブログが...

記事を読む

No Image

2018-01-10 学調テスト
明日、静岡県の公立中学では中1、中2は学力調査テスト(学調テスト)、中3生は実力テストがあります。中1、中2は塾や学校で過去問を演習したのならもう一度ミスした問題だけでも見直しをしましょう。中3生は入試のつもりで受験してほしいですね。問題の解く順番なども決めておいておきましょう。(国語なら古文、説明的文章、文学的文章、作文とか・・・。)また、解けそうな問題から解いて時間がかかりそうな問題は後回しにしましょ...

記事を読む

No Image

2017-11-26 学調テスト
静岡県の中学では12月1日(金)に、学調テスト(静岡県中学校学力診断調査)が実施されます。受験校を決める上で大切なテストです。過去問の演習、市販の予想模試などの実践形式の問題に慣れておきましょう! <第2回の学調テストの範囲>国語:漢字の読み書き、文学的文章の読解(古典を含む)、説明的文章の読解、    作文に関するもの、ことばのきまり(3年11月までの学習内容)社会:「地理」「歴史」、「公民」・・・東書...

記事を読む

No Image

2017-09-10 学調テスト
2017年(平成29年度)第1回学調テストが返却されました。科目ごと簡単な感想(講評)を記事にしました。 <国語> 国語は説明的文章は一読して解答が導ける問題が多い。文学的文章は問三以外は解きやすい。 <社会> 社会は地理の資料問題が多く内容を読み取るのに時間がかかった生徒が多いようですが、問題自体は基本的な内容が多い。 神社の地図記号を書く問題が出題されましたが地図中に地図記号が載っていたので正答した...

記事を読む

No Image

2017-09-02 学調テスト
静岡県の公立中学3年生は9月5日(火)に学力診断調査(学調テスト)がありますね。受験校を決定する上で参考となる重要なテストです。範囲が中学3年生の1学期までで基本問題が中心ではありますが近年、数学、理科が思考力を問う問題が増えているのが特徴です。学校で学調の過去問を授業で演習するところもあるようですが、市販の学調模擬テストなどもあります。学調模擬テストは出題傾向、出題形式に慣れるためにもオススメで...

記事を読む

学調まで1週間

静岡県の中3生の学調テスト(学力診断調査)まで1週間です。

内申点と学調の点数で受験校がある程度決められます。

定期テストは中学によって問題が違うので違う中学の生徒との成績の比較がしにくいのですが、学調テストは静岡県で共通の問題なので比較しやすくなります。

出題傾向は例年あまり変わらないのですが、過去問はやっておいたほうがいいです。

個別指導塾に通っている生徒さんは塾で対策をしてもらったり、過去問をもらって時間を計って5科目解いてみるとよいでしょう。

個別塾で授業内でやるなら数学は見てもらうとよいでしょう。数学は基本の組み合わせで解く問題が多いのが特徴です。

過去問が手に入らない生徒さんは市販の予想問題をやっておくとよいでしょう。

私の生徒さんは学調テストの過去問は2年分くらい解いてもらっています。

学調は最初の入試くらいの気持ちで臨んでください!


 
スポンサーサイト



 カテゴリ
 タグ
None

学調テストお疲れさまでした。

静岡県の公立中学の3年生のみなさん、今日は第1回学調テストお疲れさまでした。
 
今までの学習の成果は発揮できましたか?学調は基本問題が多いとはいえ、範囲が広く短期間ではなかなか対策が取りにくいテストです。
 
普段の定期テストよりも20点~30点位は低い生徒も多いと思います。
 
テストの解答用紙が返却されたら間違えた問題は、なぜ間違えたのか、どの知識が必要だったのかを考えながら解きなおしをしてほしいと思います。
 
塾に通っている人は返却された解答用紙を塾に持参して先生にアドバイスをもらってください。
 
学調の点数である程度、受験校が振り分けられますが、あくまで目安です。学調以上に大切なのが内申点です。
 
今日は1日集中して疲れていると思います。ゆっくり体を休めてまた次のテストに向けてコツコツ準備をしていってください! 



 カテゴリ
 タグ
None

明日は第1回学調テスト

明日は静岡県の公立中学で3年生は学調テストがあります。
 
夏休みの間は学調に向けて総復習や対策をしてきたここと思います。明日は今まで学習してきた成果を発揮してきてください。
 
数学はわからなくなったら問題文をもう一度読み直すとヒントがわかるかもしれません。
 
英語の自由英作文は対話文、長文で出てきた単語を参考にすれば答えられるかもしれません。
 
テストは時間との戦いでもあります。わかる問題から解いてください。わからない問題があっても解答欄は埋めてきてください。
 
休み時間は終わった科目について話すと不安になるので、何も話さないで次の科目に向けて準備をしてください。トイレにでも行って気分転換してほしいと思います。
 
今日は早く寝て、早めに学校に行ってください。長い1日になると思いますが明日はがんばってください。健闘を祈ります!



 カテゴリ
 タグ
None

第2回 学調テストお疲れさまでした。

今日は静岡県の公立中学では、第2回 学調テスト(静岡県中学校学力診断調査)がありました。

受験校を決める上で大切なテストなので緊張した状態で1日を過ごしたことと思います。。

学調を受けた中3生のみなさん本当にお疲れさまでした。

11月は期末テストもあって、学調の勉強のバランスが難しかったと思います。

学調テストより期末を優先した人も多いと思います。

来週、採点され答案用紙が返却され、その後、三者面談で内申点と学調の得点を考慮して受験校の決定をすることになります。

今日はゆっくり休んでください!




 カテゴリ
 タグ
None

学調テストお疲れさまでした。

学調テストお疲れさまでした。

今日は静岡県公立中学で第1回学調テスト(学力診断調査)がありました。テストを受けた中3生のみなさんお疲れさまでした。

学調は点数で受験校がある程度振り分けられる大切なテストです。「最初の入試」のつもりで臨んでほしいと生徒さんたちにも今まで言ってきました。

夏休みに、今までの総復習や学調テストの過去問演習をしてきたけど復習もやりきれないまま今日のテストを受けた人も多いと思います。

定期テストは中学によって難易度や問題数が違うので簡単に比べることはできませんが、学調は同じ問題なので実力を比べることができます。

大手塾ですと受験校にどれくらいの学調の点数が必要かボーダー(合格の最低点)が発表されると思うので、参考にして受験校を選ぶとよいでしょう。

大手塾に通ってない生徒さんは、大手塾に通っている友達がいたらボーダーを聞いておくとよいでしょう。

ボーダーはあくまで目安であって、ボーダーより点数が足りないと志望校に受験できないわけではありません。

学調よりも大切なのは内申点です。静岡県では中3の2学期の内申点が高校に送られます。

ですから2学期の中間、期末テストで良い点を取って、内申点を確保することが大切です。

今日は長い1日だったと思います。ゆっくり体を休めてください!本当にお疲れさまでした!






 カテゴリ
 タグ
None

いよいよ明日は学調テスト

いよいよ明日は学調テスト

静岡県の公立中学で明日、中3生は第1回学調テストがあります。

テストの点数によって受験校がある程度振り分けられます。

夏休みに学調テストに向けて今までの総復習をしてきたことと思います。

「最初の入試」の気持ちでテストを受けましょう!

今までの勉強の成果を発揮できるようにがんばってください。

健闘を祈ります!

PS しばらく夏期講習の準備、学調テストの過去問の授業の予習で8月は忙しくてブログが更新できていませんでした。
学調が終わったらまたぼちぼち記事を更新します。よろしくお願いします!





 カテゴリ
 タグ
None

明日は学調テスト、実力テスト

明日、静岡県の公立中学では中1、中2は学力調査テスト(学調テスト)、中3生は実力テストがあります。

中1、中2は塾や学校で過去問を演習したのならもう一度ミスした問題だけでも見直しをしましょう。

中3生は入試のつもりで受験してほしいですね。問題の解く順番なども決めておいておきましょう。(国語なら古文、説明的文章、文学的文章、作文とか・・・。)また、解けそうな問題から解いて時間がかかりそうな問題は後回しにしましょう!

模試では1科目40分で受けた生徒も多いと思います。実際の入試は1科目50分なので、時間配分に注意して、数学、英語、国語はどの問題に何分くらいかかったかメモしておくといいですよ。(大問ごとでOK。1問1問時間をメモしていくと時間がかかってしまいます。)

あと最近かぜやインフルエンザが流行っています。予防のためマスクもして行きましょう!

それでは健闘を祈ります!






 カテゴリ
 タグ
None

第2回 学調テスト

静岡県の中学では12月1日(金)に、学調テスト(静岡県中学校学力診断調査)が実施されます。

受験校を決める上で大切なテストです。過去問の演習、市販の予想模試などの実践形式の問題に慣れておきましょう!





<第2回の学調テストの範囲>
国語:漢字の読み書き、文学的文章の読解(古典を含む)、説明的文章の読解、
    作文に関するもの、ことばのきまり(3年11月までの学習内容)

社会:「地理」「歴史」、「公民」・・・東書P101まで、教出P105まで、帝国P87まで

数学:「1年」「2年」の学習内容、「3年」・・・学図P163まで(P146~P147を除く)、教出P159まで、啓林館P141まで

理科:「1年」「2年」の学習内容、「3年」・・・大日本P181まで(P115からP142を除く)、啓林館P200まで、東書P173まで

英語:「1年」「2年」の学習内容、「3年」・・・開隆堂 SUNSHINE P71まで、学図 TOTAL P81まで、東書 NEW HORIZON P87まで
※放送による聞き取り問題含む。 ※関係代名詞の主格を含む。    
                                                      以上
 カテゴリ
 タグ
None

平成29年度 第1回 静岡県学調テストの感想

2017年(平成29年度)第1回学調テストが返却されました。科目ごと簡単な感想(講評)を記事にしました。

 <国語>
 国語は説明的文章は一読して解答が導ける問題が多い。文学的文章は問三以外は解きやすい。

 <社会>
 社会は地理の資料問題が多く内容を読み取るのに時間がかかった生徒が多いようですが、問題自体は基本的な内容が多い。
 神社の地図記号を書く問題が出題されましたが地図中に地図記号が載っていたので正答したい問題でした。
 歴史が卑弥呼の時代の問題の後が、室町、江戸、明治、大正、昭和と続きました。
 (飛鳥、奈良、平安、鎌倉時代は出題されませんでした。)
 満州事変のころの出来事を年代の古い順に並べる問題は年号や歴史の流れを覚えてないと解けない問題でした。

 <数学>
 数学は問題がプリント3枚分あって問題が多い印象。相対度数の問題では %で答えるところを小数で答えてしまった生徒が何人かいました。
 作図の問題は円の中心を求めて、円周上にある点Aと円の中心、円周上のPが90°になるように作図する問題は正答率が低かったようです。(ある生徒のクラスでは正解した人が1人もいなかったとか!?)
 一次関数の問題は傾きをaを使った式で表したり、最短距離を考えさせる問題は難しく感じたのではないでしょうか?
 あと三角柱の中の四角すいの体積を求める問題も差がつく問題でした。
 計算、ねじれの位置、相対度数、方程式の利用、確率、証明は基礎から標準レベルの問題でした。
 数学で45点以上取る生徒でも40点を下回っていたので全体としてはやや難しめ。

 <理科>
 昨年度の静岡県公立高校入試での理科の平均点が17点という結果は衝撃的でした。
学調でも最近は思考力を問う問題も増えて難易度が上がっていましたが、今年の問題に関しては基礎から標準レベルの問題が大半。
 いちごの収穫量の問題や天気の霧の問題は難しく感じたかもしれませんが、それ以外は解きやすかった印象。

 <英語>
 英語も標準レベルの問題が多く、条件英作文は「間に合いそうなの?」を英文にする問題以外の3問は確実に正答したいところ。
 最後の条件英作文も同じ動詞(be動詞)を2回以上使ってもよかったので答えやすかったはず。
 長文問題の英語での答え方、英作文の出来で差がつくのではないかと思います。

 今年は国語、英語、理科が基礎から標準レベルで解きやすく、数学、社会が若干難くなりました。

生徒さんの通う中学の平均点が110点~120点だったので、昨年よりは5点くらい下がっているのではないかと思われます。

大手進学塾では受験に必要な学調のボーダーライン(最低点)を予想してくれると思うので受験校決定の際、参考にしてください。

大手の塾に通ってない場合は、それらの塾に通っている友達に聞いたり、大手の塾のブログなどをこまめにチェックしてみてください。

※ちなみに昨年のボーダーライン(静岡県西遠地区)が秀英予備校のブログにあったのでリンクしておきます。
 ↓
https://www.shuei-yobiko.co.jp/school/blog/detail.html?UC=C1070&CN=130842

学調テストの間違えた問題は解き直しをしてくださいね。正答と学習の手引きの解説を見て、なぜその答えになるのか、解答するのに必要な知識、手順を考えながら復習してください。







 カテゴリ
 タグ
None

学調直前

静岡県の公立中学3年生は9月5日(火)に学力診断調査(学調テスト)がありますね。

受験校を決定する上で参考となる重要なテストです。

範囲が中学3年生の1学期までで基本問題が中心ではありますが近年、数学、理科が思考力を問う問題が増えているのが特徴です。

学校で学調の過去問を授業で演習するところもあるようですが、市販の学調模擬テストなどもあります。

学調模擬テストは出題傾向、出題形式に慣れるためにもオススメです。

塾で行われた県内の模試も学調対策になっているのでしっかり復習しましょう。

来週の火曜日は今までの学習の成果を発揮して来てください!



 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 高校受験 点取り塾 Web講座~15の春にサクラサク~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます