FC2ブログ

高校受験 点取り塾 Web講座~15の春にサクラサク~

静岡県公立高校入試対策 定期テスト対策。eラーニングでスピード学習。

記事一覧

No Image

2018-11-11 時事問題
中学 期末テスト対策 時事問題 予想問題 (11/11)<問題>  (  )に適する言葉を答えなさい。★入管難民法などの改正案(11/9) 与野党は9日の衆院議院運営委員会理事会で、( ① )労働者受け入れ拡大のため新たな在留資格を設ける入管難民法などの改正案について、安倍晋三首相が出席する13日の本会議で審議入りすることで合意しました。 ( ② )法相は今国会初の衆院法務委員会で所信を表明し、改正案で「人手不足に...

記事を読む

2018-11-11 時事問題
中間テスト 時事問題 予想問題→コチラ<出題が予想されるテーマ>  11月★安倍晋三首相の今後の外交日程 安倍晋三首相はアジア太平洋の各国・地域の首脳が集う一連の国際会議に合わせ、14日から5日間の日程でシンガポール、オーストラリア、パプアニューギニアを歴訪すします。 最初の訪問国のシンガポールではロシアのプーチン大統領との会談を予定しており、北方領土問題を進展させられるかが最大の焦点となります。 首相は1...

記事を読む

No Image

2018-11-01 未分類
静岡県の公立中学のでは11月は期末テスト、第2回学調テストがあります。中3生にとっては中学で最後の期末テストになります。期末テストは実技科目もあって科目が多いので早めに準備をしていってください。期末の後、内申点が決まります。そして学調テストの点数により、いよいよ受験校を決定する時期になります。11月は大切な時期です。後悔のないように毎日コツコツ勉強しましょう!...

記事を読む

中学 期末テスト対策 時事問題 予想問題 (11/11)

中学 期末テスト対策 時事問題 予想問題 (11/11)

<問題>  (  )に適する言葉を答えなさい。
★入管難民法などの改正案(11/9)
 与野党は9日の衆院議院運営委員会理事会で、( ① )労働者受け入れ拡大のため新たな在留資格を設ける入管難民法などの改正案について、安倍晋三首相が出席する13日の本会議で審議入りすることで合意しました。

 ( ② )法相は今国会初の衆院法務委員会で所信を表明し、改正案で「人手不足に対応するため、即戦力の受け入れが可能になる」と強調しました。
 今回の法改正で新たに創設される在留資格は、一定の知識・経験を要する業務に就く「特定技能1号」と、熟練した技能が必要な業務に就く「特定技能2号」の2種類。1号は在留期間が最長( ③ )年で、家族の帯同は認められせん。2号は在留期間の更新が可能で、家族帯同も認められます。

★(11/6)
 政府は6日、欧州連合( ④ アルファベット )との経済連携協定( ⑤アルファベット )の承認案を閣議決定しました。今国会での承認を目指します。日( ④ )とも年内に議会手続きが終われば来年2月1日に発効されます。発効されれば双方の( ⑥ )が幅広く引き下げられ、世界の国内総生産( ⑦アルファベット )の約3割を占める巨大な自由貿易圏が誕生することになります。

★アメリカ、中間選挙(11/6)
 アメリカの中間選挙(米国時間6日投開票)は、上院では、ドナルド・トランプ大統領の与党・( ⑧ )党が勝利し、下院では、野党・( ⑨ )党が勝利しました。

★(10/31)
 ( ⓾ 国名 )最高裁は30日、植民地時代に強制労働させられたとして元徴用工の( ⓾ 国名 )人4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、同社に賠償を命じる確定判決を出しました。元徴用工の請求権問題は1965年の請求権協定で解決済みで、安倍晋三首相は「あり得ない判断」と反発し、国際裁判も含め、あらゆる選択肢を視野に入れて毅然(きぜん)と対応する」と述べ、( ⑪ )裁判所(ICJ)への提訴も辞さない考えを示しました。

★(10/31)
 ( ⑫ )経済再生担当相は31日、東京都内で記者会見し、( ⑬ 国名 )を除く11カ国による環太平洋戦略的経済連携協定(( ⑭ アルファベット )11)について、日本時間の12月30日午前0時に発効すると発表しました。域内の工業製品や農産品の( ⑮ )は段階的に引き下げられ、投資や知的財産権保護など幅広い分野で高水準のルールを定めました。世界の国内総生産(GDP)の約13%を占め、総人口で約5億人を抱える巨大な自由貿易圏が誕生します。
 
★(10/31)
 日本の( ⑯ )首相は29日、( ⑰ 国名 )のモディ首相と首相官邸で約1時間会談しました。
 ( ⑯ )首相が掲げる「自由で開かれた( ⑰ )太平洋戦略」を推進するため、安全保障や経済の分野での連携強化を確認。外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の設置で一致しました。

★安倍首相、中国を訪問(10/25)
 安倍晋三首相は25日、日本の首相としては約7年ぶりに中国を正式に訪問、約43時間、中国に滞在しました。その間、( ⑱ )条約締結40周年記念レセプションに出席、( ⑲ )首相、栗戦書全人代委員長、( ⑳ )国家主席と会談を行いました。

★ (10/22)
 ( ㉑ )米大統領は22日、(㉒ 国名)と(㉓ 国名)に圧力をかけるために米国には核兵器の増強を行う意向があると警告しました。
トランプ大統領は20日、1987年に米国と旧ソ連が調印した中距離核戦力( ㉔アルファベット)廃棄条約について、ロシアが条約を順守していないと批判し、同条約から離脱する方針を表明。この日、ロシアは同条約に違反していると改めて批判しました。

★(10/18)
 ヨーロッパを歴訪中の安倍晋三首相は、フランスの( ㉕ )大統領と会談し、(㉕ 国名 )の海洋進出を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、連携を強化することを確認しました。

★ (10/15)
「千葉時代」を意味する「( ㉖ )」が、国の天然記念物に指定されました。天然記念物に指定されたのは、「( ㉖ )」とも呼ばれている千葉・市原市にある地層で、この地層には、およそ77万年前に地球の磁場のN極とS極が最後に逆転した痕跡が残っていて、学術的な価値が高く評価されていました。

★(10/15) 
 安倍首相は、15日午後に開かれた臨時閣議で、消費税を( ㉗ )年( ㉘ )月から( ㉙ )%に引き上げることを表明し、それにともなう景気対策を指示しました。
 「食料品」の食べ物や飲み物は8%のままですが、「酒」や「外食」は飲食店で食べる場合は( ㉙ )%に引き上げられます。
今回は、増税分を( ㉚ )無償化に充てるという公約もあり、引き上げを決断しました。

<解答>
① 外国人 ② 山下貴司 ③ 5 ④EU ⑤EPA ⑥ 関税 ⑦GDP ⑧ 共和 ⑨ 民主
⑩ 韓国 ⑪ 国際司法 ⑫ 茂木敏充(としみつ)⑬ アメリカ ⑭ TPP ⑮ 関税 ⑯ 安倍晋三
⑰ インド ⑱ 日中平和友好 ⑲ 李克強 ⑳ 習近平 ㉑ トランプ ㉒ 中国 ㉓ ロシア      
㉔ INF ㉔マクロン ㉕ 中国 ㉖チバニアン ㉗ 2019 ㉘ 10 ㉙ 10 ㉚幼児教育


スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

中学 社会 最新時事問題 中間・期末テスト対策 2018


中間テスト 時事問題 予想問題→コチラ

<出題が予想されるテーマ>  
11月
★安倍晋三首相の今後の外交日程
 安倍晋三首相はアジア太平洋の各国・地域の首脳が集う一連の国際会議に合わせ、14日から5日間の日程でシンガポール、オーストラリア、パプアニューギニアを歴訪すします。
 最初の訪問国のシンガポールではロシアのプーチン大統領との会談を予定しており、北方領土問題を進展させられるかが最大の焦点となります。
 首相は11~15日にシンガポールで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議、17~18日にパプアニューギニアで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議にそれぞれ出席する。

★入管難民法などの改正案(11/9)
 与野党は9日の衆院議院運営委員会理事会で、外国人労働者受け入れ拡大のため新たな在留資格を設ける入管難民法などの改正案について、安倍晋三首相が出席する13日の本会議で審議入りすることで合意しました。
 与党は12月10日の今国会会期末までの成立を目指します。山下貴司法相は今国会初の衆院法務委員会で所信を表明し、改正案で「人手不足に対応するため、即戦力の受け入れが可能になる」と強調しました。
 今回の法改正は、医師や弁護士など「高度な専門人材」に限定してきた就労目的の日本在留資格を、単純労働を含む分野に拡大する内容です。改正案骨子によると、新たに創設される在留資格は、一定の知識・経験を要する業務に就く「特定技能1号」と、熟練した技能が必要な業務に就く「特定技能2号」の2種類。1号は在留期間が最長5年で、家族の帯同は認められせん。2号は在留期間の更新が可能で、家族帯同も認められます。

★日欧EPAを閣議決定 来年2月にも発効へ(11/6)
 政府は6日、欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の承認案を閣議決定しました。今国会での承認を目指します。日EUとも年内に議会手続きが終われば来年2月1日に発効されます。発効されれば双方の関税が幅広く引き下げられ、世界の国内総生産(GDP)の約3割を占める巨大な自由貿易圏が誕生することになります。

★アメリカ、中間選挙(11/6)
 アメリカの中間選挙(米国時間6日投開票)は、上院では、ドナルド・トランプ大統領の与党・共和党が勝利し、下院では、野党・民主党が勝利しました。

★元徴用工の韓国人による損害賠償訴訟(10/31)
 韓国最高裁は30日、植民地時代に強制労働させられたとして元徴用工の韓国人4人が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、同社に賠償を命じる確定判決を出しました。元徴用工の請求権問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みで、安倍晋三首相は「あり得ない判断」と反発し、国際裁判も含め、あらゆる選択肢を視野に入れて毅然(きぜん)と対応する」と述べ、国際司法裁判所(ICJ)への提訴も辞さない考えを示しました。

★環太平洋戦略的経済連携協定(TPP11)、12月30日に発効すると発表(10/31)
 茂木敏充(としみつ)経済再生担当相は31日、東京都内で記者会見し、アメリカを除く11カ国による環太平洋戦略的経済連携協定(TPP11)について、日本時間の12月30日午前0時に発効すると発表しました。域内の工業製品や農産品の関税は段階的に引き下げられ、投資や知的財産権保護など幅広い分野で高水準のルールを定めました。世界の国内総生産(GDP)の約13%を占め、総人口で約5億人を抱える巨大な自由貿易圏が誕生します。
 参加国で手続きを終えたのはオーストラリアのほか、メキシコ、日本、シンガポール、ニュージーランド、カナダの6カ国。ベトナムも11月半ばに手続きを終える見通しで、残るブルネイ、チリ、ペルー、マレーシアも手続きを進めます。

10月
★日印首脳会談(10/31)
 安倍晋三首相は29日、インドのモディ首相と首相官邸で約1時間会談しました。
 安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」を推進するため、安全保障や経済の分野での連携強化を確認。外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の設置で一致しました。日印両政府は会談の成果を盛り込んだ共同声明を発表しました。

★安倍首相、中国を訪問(10/25)
 安倍晋三首相は25日、日本の首相としては約7年ぶりに中国を正式に訪問、約43時間、中国に滞在した。その間、日中平和友好条約締結40周年記念レセプションに出席李克強首相、栗戦書全人代委員長、習近平国家主席と会談を行いました。

★トランプ米大統領、核兵器の増強を行う意向(10/22)
 トランプ米大統領は22日、中国とロシアに圧力をかけるために米国には核兵器の増強を行う意向があると警告しました。
トランプ大統領は20日、1987年に米国と旧ソ連が調印した中距離核戦力(INF)廃棄条約について、ロシアが条約を順守していないと批判し、同条約から離脱する方針を表明。この日、ロシアは同条約に違反していると改めて批判しました。

★安倍首相、フランスのマクロン大統領と会談(10/18)
 ヨーロッパを歴訪中の安倍晋三首相は、フランスでマクロン大統領と会談し、中国の海洋進出を念頭に「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向け、連携を強化することを確認しました。

★「千葉時代」を意味する「チバニアン」が、国の天然記念物に指定(10/15)
「千葉時代」を意味する「チバニアン」が、国の天然記念物に指定されました。天然記念物に指定されたのは、「チバニアン」とも呼ばれている千葉・市原市にある地層で、この地層には、およそ77万年前に地球の磁場のN極とS極が最後に逆転した痕跡が残っていて、学術的な価値が高く評価されていました。

★安倍首相、消費税を2019年10月から10%に引き上げることを表明(10/15) 
 安倍首相は、15日午後に開かれた臨時閣議で、消費税を2019年10月から10%に引き上げることを表明し、それにともなう景気対策を指示しました。
 「食料品」の食べ物や飲み物は8%のままですが、「酒」や「外食」は飲食店で食べる場合は10%に引き上げられます
 今回は、増税分を幼児教育無償化に充てるという公約もあり、引き上げを決断しました。

★豊洲市場、開場(10/11)
東京・築地市場に代わる「日本の台所」として、豊洲市場(江東区)が11日、開場しました。土壌汚染問題により予定から2年遅れのスタート。築地閉場から4日間の引っ越し期間を経て同日午前5時半からマグロの競りなどが始まりました。

★安倍晋三首相は、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問と会談(10/9)
 安倍晋三首相は、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問と会談し、ミャンマーの少数派イスラム教徒・ロヒンギャが難民化している問題に対し、日本として支援していく考えを重ねて示しました。
 ロヒンギャは、ミャンマーの治安部隊による迫害などの結果、去年8月以降、およそ70万人がバングラデシュに逃れ、難民化していて、国際社会のミャンマー政府への非難が強まっています。

★本庶佑特別教授、ノーベル医学生理学賞(10/1)
 今年のノーベル医学生理学賞が発表され、がん免疫療法の実用化に貢献した京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょ たすく)さんが選ばれました。(10/1)
 本庶佑特別教授は「PD-1」というタンパク質を見つけ、がんの治療薬、「オプジーボ」の開発につなげました。

9月
★沖縄知事選挙(9/30)
 アメリカ軍普天間基地の移設問題が最大の争点となった沖縄県知事選挙は、政府が進める移設計画に反対する、前衆議院議員の玉城デニー氏が初めての当選を果たしました。
 政府が、普天間基地の移設先とされる名護市辺野古沿岸部工事を進める中、玉城氏は、2018年8月に亡くなった翁長前知事の遺志を継ぐかたちで、「移設反対」を訴えて支持を広げ、初めての当選しました。

★日米首脳会談(9/27)
 9月27日未明、ニューヨーク市内のホテルで安倍晋三首相はドナルド・トランプ米大統領と1時間15分会談をしました。
 日米首脳会談最大の焦点とされた自動車追加関税25%発動は回避されました
 もう一つの懸念であった米国産牛肉など農産品の市場開放問題についても、過去に日本が締結した経済連携協定(EPA)の水準までしか引き下げないという日本側の主張が受け入れられました。
 今回のトップ会談で安倍首相が提起した「物品貿易協定」(TAG)というワーディングは米側が求める関税を含めた2国間協議であり、事実上「自由貿易協定」(FTA)と変わりないとの指摘がありますが、日本にとっては満額回答と言っていい内容となりました。
 ※TAG・・・「Trade Agreement on goods」の略で、貿易の拡大などを目指し、輸入品にかかる関税を互いに引き下げ、または撤廃する協定。農産品や工業製品など幅広い品目が対象。

★安倍晋三首相、国連本部で一般討論演説(9/26)
 安倍晋三首相は26日、米ニューヨークの国連本部で一般討論演説を行いました。
首相は自民党総裁3選を踏まえ「今からの3年、自由貿易体制の強化に向け努力を惜しまない」と表明。
日本の主導的役割を強調した。貿易赤字削減を目指すアメリカのトランプ政権に対しては、日米閣僚級貿易協議(FFR)を重視する考えを示しました。
 演説で首相は、日本人拉致問題の解決に向け、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と「直接向き合う用意がある」と述べ、北朝鮮との間で「不幸な過去を清算し、国交正常化を目指す」と訴えました。
 ロシアのプーチン大統領が「前提条件なし」の年内の平和条約締結を提案したことに関しては「領土問題を解決し、日露間に平和条約を結ばなくてはならない」と日本政府の方針を改めて示しました。
 日中関係については「来月、私が訪中し、その後には習近平国家主席をお招きする」と述べ、首脳間の往来継続に意欲をみせました。
 「自由で開かれたインド太平洋戦略」を進めることや、来年6月に大阪で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議で世界経済や環境問題などを主要議題とする考えも示しました
 中東和平への貢献策として、来年初めにパレスチナ自治区ガザの小中学校の教師約10人を日本に招く計画を紹介しました。

★自民党総裁選で、安倍晋三首相が3選(9/20)
 9月20日に投開票された自民党総裁選で、安倍晋三首相(63才)が石破茂元幹事長(61才)との一騎打ちを制して3選を果たしました。

★女子テニス 大坂なおみ選手優勝(9/8)
 今年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で大坂なおみ選手が日本人初の四大大会優勝を成し遂げました。

★北海道胆振(いぶり)東部地震地震発生(9/6)
 9月6日未明に北海道を襲った最大震度7の地震、震源地は札幌市の中心部から70キロほど南東にある胆振地方の中東部。震源の深さは37キロ、マグニチュードは6.7と推定されています。
 清田区では、大規模な液状化現象で道路が陥没し、吹きだした泥で車が埋まりました。地震発生直後から北海道全体で電力供給が途絶える「ブラックアウト」(大規模停電)が日本で初めて起きました。
 


8月
★『ちびまる子ちゃん』の原作者さくらももこさんが乳がんにより死去(8/15)

7月
カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法は、参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数により可決、成立しました。(7/20)
 IR整備法はカジノを賭博罪の適用対象からはずし合法化するもので、当面、全国3カ所を上限に整備します。
 
参議院の定数を6増やす改正公職選挙法が成立(7/18)

★日本と欧州連合(EU)は17日、経済連携協定(EPA)への署名(7/17)
 日本と欧州連合(EU)は17日、経済連携協定(EPA)への署名を行いました。
 日欧間のEPAは昨年12月に交渉妥結し、2019年に発効する予定。
 EPAの発効で、世界最大の自由貿易圏が形成されることになるほか、トランプ米大統領が掲げる保護貿易主義に対抗する上でも重要となります。
 日EU間のEPAでは、欧州産チーズやワインの関税が撤廃されるほか、欧州からの牛肉輸出量が拡大します。一方、日本にとっては乗用車や自動車部品の輸入関税が撤廃される利点があります。

★サッカーワールドカップ、フランスが優勝(7/15)
 2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝が15日に行われ、フランス代表がクロアチア代表を破り20年ぶり2回目の優勝を飾りました。

★羽生結弦選手、国民栄誉賞が授与(7/2)
 2月の平昌五輪フィギュアスケート男子で2大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦(はにゅう・ゆづる)選手に2日、安倍晋三首相から国民栄誉賞が授与されました
 個人としての国民栄誉賞受賞は最年少で、フィギュア選手では初めてとなりました。

6月
★「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を、世界文化遺産に登録(6/30)
 ユネスコの世界遺産委員会は、日本が推薦した「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を、世界文化遺産に登録することを決めました。
 「潜伏キリシタン関連遺産」は、17世紀から19世紀にかけてキリスト教が禁止された時代に、厳しい弾圧に耐えながらひそかに信仰を続けた歴史を物語るもので、原城跡や大浦天主堂など、12の資産で構成されています。

★働き方改革関連法が成立(6/29)
 安倍政権が今の国会の最重要法案と位置付けていた働き方改革関連法が29日午前に成立しました。
 働き方改革関連法が成立して、議員が本会議場を後にしているところです。成立を受けて、残業時間の罰則付き上限規制や一部の専門職を労働時間の規制から外す高度プロフェッショナル制度が導入されることになります。

★TPP(環太平洋経済連携協定)協定の発効に必要な関連法成立(6/29)
 アメリカを除く11カ国が署名した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の関連法が29日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立しました。協定は早ければ年明けにも発効する。TPP発効で貿易や投資促進が期待される一方、農業関係者は安い農畜産物が海外から流入することになお懸念を募らせています。TPP関連法には畜産農家への補助拡充を盛り込み、打撃を最小限に抑える考えです。

★大阪府北部で震度6弱の地震が発生(6/18)

★ロシアでサッカーのワールドカップ開幕(6/14)

★改正民法(6/13)
 2022年4月から成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が6月13日、参院本会議で可決、成立しました。
 「18歳成人」が誕生するのは現時点の中学2年生からになります。

★史上初の米朝首脳会談(6/12)
 アメリカのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、シンガポール南部セントーサ島の高級ホテル、カペラ・シンガポールで首脳会談を行i、会談後には合意文書に署名しました
 北朝鮮は「朝鮮半島の完全な非核化に向けた取り組みにコミット」することや。米朝は「米国と北朝鮮との新たな関係を築く」ことで一致しました。

★桜島で噴火(6/10)
鹿児島県の桜島で10日正午前、噴火があり、噴煙が3500メートルの高さまで上がりました。気象台によりますとこの噴火で、夕方にかけてやや多量の灰が鹿児島市などに降る見込みです。

★G7首脳会議、閉幕(6/9)
 カナダ東部シャルルボワで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は9日、ドナルド・トランプ米大統領がいったん発表された合意文書(コミュニケ)への承認を撤回し、大混乱の内に終わりました。
 G7サミットは、トランプ政権による鉄鋼・アルミへの輸入関税をめぐりぎくしゃくしながら進み、合意文書の取りまとめも難航しました。
 また首脳合意文書では、ロシア政府に「不安定化行動を停止」し、「民主主義を損なおうとする」行為をやめるよう求めました。シリアのアサド政権支援も中止するよう呼びかけています。

※参加国・・・アメリカ、フランス、カナダ、イギリス、ドイツ、イタリア、日本 
※来年6月28、29日に主要20カ国・地域(G20)首脳会議大阪府大阪市で開催されます。

★中米グアテマラでフエゴ山が噴火(6/3)

★平昌五輪のフィギュアスケート男子で2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦選手が国民栄誉賞を受賞することが決まりました。(6/1)

5月
★日露首脳会談(5/27)
 ロシアを訪問中の安倍晋三首相は、プーチン大統領と首脳会談を行い、米朝首脳会談が開催され成功するよう後押しすることで一致しました。
 一方で、北方領土問題をめぐっては、北方四島での共同経済活動でウニの養殖の事業化などを目指して7月、8月をめどに4島に民間の調査団を派遣することで合意しました。当初は事業化で合意できるとの見通しだっただけに、協議が難航した可能性があります。

★ザギトワ選手に秋田犬の贈呈式(5/26)
 26日、ロシアのモスクワで、安倍首相が立ち会う中、平昌オリンピック、フィギュアスケート女子の金メダリスト・ロシアのザギトワ選手に秋田犬が贈られました
 生後3か月のメスですが、ザギトワ選手が「勝利」という意味を込めて「マサル」と名付けました。

★ヘンリー王子とメーガンさん結婚式(5/19)
 イギリス王室のヘンリー王子とアメリカ人女優、メーガン・マークルさんが19日、ロンドン郊外にあるウィンザー城で結婚式を挙げました。

★5月18日、藤井聡太さんは将棋対局で勝利し、史上最年少で七段昇段を決めました。(5/18)

★米朝首脳会談が6月12日に開催決定(5/11)
アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との史上初の米朝首脳会談が、6月12日にシンガポールで開催されることが決まりました。

★はしかの流行 (5/10)
 はしかの流行が沖縄県から愛知県などに拡大している問題で、東京都町田市の30代女性も感染していたことが10日、分かりました。はしかはウイルス感染で人から人にうつり、非常に感染力が強いとして、専門家は注意を呼び掛けています。

★日中韓首脳会談(5/10)
 日本の安倍晋三首相中国の李克強(り こくきょう)首相韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は5月9日、東京都内で日中韓首脳会談を開催しました。歴史認識を巡る文言調整に手間取り半日遅れの発表となりました。日本人拉致問題の解決をうたった文言が、3カ国の共同宣言では初めて明記される成果もありました。一方、北朝鮮非核化に向け日本政府がこだわった「完全、検証可能かつ不可逆的な方法での廃棄」(CVID)の表現は見送られました。経済分野で日中韓の自由貿易協定(FTA)交渉の加速化、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉の推進、アジアでのインフラ整備での協力、多国間の自由貿易の重要性の共有などで合意しましたが、目新しい大きな成果はありませんでした。

★ヒアリ、住宅内で初確認
 環境省は10日、大阪府八尾市の住宅で、中国から輸入された家電製品の箱から強い毒を持つ「ヒアリ」1匹の死骸が発見されたと発表しました。

★文大統領「4大国通話外交」(5/4)
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が4日、中国の習近平国家主席と電話会談を行い、4・27南北首脳会談の成果を共有したことで、米国や中国、日本、ロシアなど、朝鮮半島周辺諸国の首脳との「電話外交」を終えました。
文大統領は板門店(パンムンジョム)首脳会談翌日の先月28日、ドナルド・トランプ米大統領と75分間にわたり電話会談を行ったのに続き、29日には日本の安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領とも電話で会談し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長と合意した「板門店宣言」に対する周辺国の支持と協力を要請しました。

★日中首脳電話会談(5/4)
安倍首相は4日午後、中国の習近平国家主席と電話で会談、北朝鮮が非核化に向けて具体的な行動を取るよう、連携を強めていくことを確認しました。 また、会談の中で、安倍首相から「日朝平壌(ピョンヤン)宣言に基づき、拉致・核・ミサイル問題を包括的に解決し、国交正常化を目指すとの考えに変わりはない」との考えを習主席に伝え、拉致問題の早期解決に向けて、日中間で協力していくことで一致しました。 

★長崎・天草の潜伏キリシタン遺産 世界遺産へ(5/4)
政府は4日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)諮問機関の国際記念物遺跡会議(イコモス)が、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県の12資産)を世界文化遺産に登録するよう勧告したと発表しました。
6月24日から7月4日に中東のバーレーンであるユネスコ世界遺産委員会で、勧告通りに登録される可能性が極めて高くなりました。

★キラウエア火山、噴火(5/3)
米ハワイ州ハワイ島で3日、キラウエア火山が噴火し、住民に対して避難指示が発令されました。

★メジャーリーグのイチロー選手(44)が会長付特別補佐に就任(5/4)
 メジャーリーグのマリナーズのイチロー選手(44)が会長付特別補佐に就任しました。今季の残り試合に出場はしないことが発表されました。

★メージャーリーグのエンゼルスの大谷翔平選手5月4日、4月のア・リーグ月間最優秀新人に選ばれました。(5/4)
 投手として2勝1敗、防御率4.43、打者では3試合連続で本塁打を放つなど、打率3割4分1厘、4本塁打、12打点の好成績を残しました。

★「平成」終了まで残り1年(5/1)
昭和天皇の逝去を受け、1989年1月8日から始まった「平成」も5月1日で残り1年となりました。
2019年4月30日には天皇陛下が退位され、翌5月1日に皇太子さまが即位、新元号が適用されます。

4月
★安倍首相、中東へ出発(4/29)
安倍晋三首相は4月29日、アラブ首長国連邦(UAE)とヨルダン、イスラエル、パレスチナを歴訪するため政府専用機で羽田空港を出発しました。出発に先立ち、官邸で記者団に「中東和平に向かってイスラエル、パレスチナの双方に建設的な関与を働き掛けたい」と述べました。

★日韓首脳、電話会談(4/29)
安倍首相は29日午前、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話で会談し、27日の南北首脳会談で、文大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に対し、日本の拉致問題を提起したと報告があったことを明らかにしました

★硫黄山、噴火(4/19)
鹿児島県と宮崎県にまたがる霧島連山の硫黄山が19日、250年ぶりに噴火しました。

★「伊豆半島」ユネスコ世界ジオパーク認定(4/18)
 フランス・パリで4月4日から17日まで開催された第204回ユネスコ執行委員会にて、「伊豆半島」がユネスコ世界ジオパークとして認定されました。
ユネスコ世界ジオパークは合計38か国140地域になりました。
 ※ユネスコ・・・UNESCO、国連教育科学文化機関
※「世界ジオパーク」は、地球や大地の営みを記録する地質遺産を保全し、教育やツーリズムに活用することで地域社会の活性化を図ろうとする国際的なプログラム。

★新潟県知事辞職(4/18)
新潟県議会は27日、臨時議会を開き、米山隆一知事(50)の辞職に全会一致で同意されました。
米山氏は出会い系サイトを通じて知り合った女性に金銭を渡し交際していたとして、県議会に辞職願を提出していました。

★板門店(パンムンジョム)宣言 (4/27)
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は27日、首脳会談を行い、朝鮮半島の完全な非核化実現を目指すなどとする、「板門店(パンムンジョム)宣言」に署名しました。

★衣笠祥雄さんが死去(4/23)
広島東洋カープの黄金期に中心打者として活躍し、2215試合連続試合出場の世界記録(当時)を樹立して、国民栄誉賞も獲得して、「鉄人」愛称で親しまれた衣笠祥雄氏(71歳)が死去しました。

★財務省福田次官、セクハラで辞職(4/18)
女性記者へのセクハラ発言が報じられた財務省の事務方トップ、福田淳一事務次官が辞任しました。
森友学園問題の文書改ざん、口裏合わせと、相次ぐ失態に後手後手の対応が重なり、財務省への批判相次いでいます。
政権中枢を占める麻生太郎財務相の責任を問う声が高まっています。

★防衛相、イラクでの「日報」公表(4/17)
「存在しない」とされてきたイラクにおける自衛隊の「日報」が見つかった問題で、防衛省はこれまでに見つかった435日分の日報を公表しました。
小野寺五典防衛相は、日報に「戦闘」という言葉が複数箇所で記載されていることを認めつつも、自衛隊の活動地域は「非戦闘地域」に限られていたと説明してきたことをくつがえす内容はないとの認識を示しました。

★アメリカ、イギリス、フランスが共同でシリア攻撃(4/13)
 シリアの首都ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑を受け、アメリカ、イギリス、フランスの3カ国は13日、シリアのアサド政権への軍事攻撃を実施しました。
 トランプ米大統領は、4月14日、シリア政府の化学兵器関連施設への空爆で共同作戦を実施したイギリスのメイ首相、フランスのマクロン大統領とそれぞれ電話協議し「作戦の成功」を確認しました。
 米政府は攻撃の「正当性」と「成果」を強調し国際世論の支持を勝ち取る狙いがあります。
 一方、シリアのアサド政権とシリアを支援するロシアはアメリカ、イギリス、フランスへの非難を強めています。

★男子サッカー日本代表ハリルホジッチ監督を解任(4/9)
日本サッカー協会(JFA)は4月9日の16時から田嶋幸三JFA会長が緊急会見を開き、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督の解任と、西野朗・元技術委員長の監督就任を発表しました。
日本も参加するサッカーワールドカップは今年、6月にロシアで開催されます。

3月
大谷翔平選手、メジャーリーグデビュー(3/30)
 大谷翔平選手は、今季開幕戦となった敵地でのアスレチックス戦に「8番・DH」でスタメン出場し、初打席初安打を放った。
 打者と投手の2刀流の活躍が期待されています。、

★佐川氏、証人喚問(3/27)
森友学園の国有地売却に関する財務省の文書改ざんを受け、注目の佐川宣寿 前国税庁長官の国会での証人喚問が行われ、文書改ざんについては、「刑事訴追のおそれがある」と証言拒否を繰り返しました。
 
★河野太郎外相、日露外相会談(3/21)
河野太郎外相はロシア大統領選でプーチン大統領が圧勝した後、初めてとなる日露外相会談を行いました。5月に予定されている安倍晋三首相との首脳会談に向けた環境整備を行う狙い。
今回で5回目となる河野外相とロシアのラブロフ外相との会談では、5月の首脳会談で、北方領土での共同経済活動などについて具体的な成果を出すための問題点の整理などが行われたとみられます。また、北朝鮮問題については、米朝首脳会談などを通じて北朝鮮の非核化を実現するために協力を呼びかける考えです。、

ロシア。大統領選、プーチン氏が圧勝(3/18)
 ロシアで18日に投票が行われた大統領選挙は即日開票され、現職のウラジーミル・プーチン大統領が76%を超す得票率で通算4選を確実にしました。

★TPP新協定に11カ国署名(3/9)
 日本を含む環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国は8日、チリの首都サンティアゴで、アメリカを除いた新協定「TPP11」の合意文書に正式署名しました。11カ国はこの日開いた閣僚会合で、今後数週間以内に議会承認手続きを開始することを約束しており、協定の年内発効が可能との見方もあります。





 カテゴリ
 タグ
None

11月になりました。

  •  投稿日:2018-11-01
  •  カテゴリ:未分類
静岡県の公立中学のでは11月は期末テスト、第2回学調テストがあります。

中3生にとっては中学で最後の期末テストになります。

期末テストは実技科目もあって科目が多いので早めに準備をしていってください。

期末の後、内申点が決まります。そして学調テストの点数により、いよいよ受験校を決定する時期になります。

11月は大切な時期です。後悔のないように毎日コツコツ勉強しましょう!

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 高校受験 点取り塾 Web講座~15の春にサクラサク~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます